文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

6件 のコメント

コメントを書く

変化することが自然なこと

れい

縄文時代から、人の生活って変化し続けてきて、同時に使う道具も変化し続けてきたのだと思います
薬も道具のひとつ
なので、わたしは変化すること自体が自然で、逆行しようと抗うことが不自然ではないかと思います

子どもを生む数が減って増える病気があるなら、それを防ぐ薬を使うことが自然なのではないでしょうか

違反報告

自然と人工社会の狭間で

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

昭和20年代の寿命は多分感染症や栄養失調その他衛生面の要因による若年死の影響が大きいと思います。

その辺は統計のマジックですね。



自然が良いのか、人工のものを取り入れた方が良いのかは答えのない問題です。

「ホンマに自然に戻れ」って言っても無理でしょう。

ただ、過剰適応してしまうと動物としての能力が落ちてしまいます。

ホルモンを入れればホルモン産生能が上位中枢から落ちることもありますよね。

(フィードバックとか、カスケードとかいいましたっけ?)



いま、大阪で開催中の血管外科学会に来てますけど、昔みたいに治療せんと病態によってはあっという間に自然死してしますからね。

これは分野を超えて医療に共通して言えることかもしれません。



なかなか大変だと思いますけど、患者さん側の理解も深めていただいて、ライフスタイルとの兼ね合いの中で、薬剤をうまく利用していただけたらとは思います。

違反報告

確かに‥

りこ

低量のピルなら確かにいいなとは思いますが‥乳癌や子宮頸癌の発症率が少し高くなることが心配です。



卵巣癌や子宮体癌予防にも生活の質あげるのにもいいのはわからますが‥



私の場合、癌も併発する病気の為ピルは絶対必要なので信頼出来る医師にかかる予定です。今は、授乳中の為。


違反報告

自然が一番でしょう

ケイ

初めまして、最近ブログを拝見させていただいています。医学部3年生の女学生です。



タイトルから分かるかもしれませんが、私は何事にも自然の法則に従うのが一番だと思います。

... が、現代人の生き方自体に自然な事柄の方が少なくなってきているので、何とも言えません。



20代に子供を産んでしまわないのも、化学調味料がたくさん入った食べ物をたくさん食べるのも、糖分を摂取し過ぎるのも、高ストレスの社会で生きようとするのも...。体の意見は無視して、自分のエゴを貫くのが現代人のライフスタイルな気がします。なので、不自然な生活をしてる人が人工的物の助けを借りて、体を整えようとするのは、根本的解決にはならないけれど、別に良いんじゃないかと思います(不妊治療も、帝王切開も)。



ただ、何事をするにしても、リスクと結果(consequence)があると言う事を現代人は意識しなくてはならないと思います。帝王切開も出産の痛みは無いけれど、後からの痛みや後々に癒着等の問題がありますし、不妊治療も、体が無理と判断している状態で妊娠するわけですから、体への負担等のリスクは自然妊娠より跳ね上がるはずです。



長々となってしまいましたら、先生のブログの更新、楽しみにしています!

なにげに、産婦人科希望... かも?しれません(笑)

違反報告

快適すぎるピル

のほほん

ピルを開発した方にノーベル賞を!と思うほど、ピルに救われています。

今ではピル=生活改善薬という感覚で、避妊薬という意識がほとんどありません。

高血圧の人や花粉症の人が薬を飲むのと何が違うのでしょうか。



20歳の頃、生理不順で生理が2週間に1回来るようになってし

まい、PMSもあって、一ヶ月のうちに快適に過ごせる日がほとんどありませんでした。

婦人科にかかったところ、「ホルモンバランスが乱れていrので、ピルを3ヶ月ぐらい飲んでバランスを整え、しばらく様子を見ましょう」とのこと。初めは少し副作用があったのですが、後にこんなにいい薬があるのかと思い、3ヶ月どころかずーーーーっと飲んでいます。

テストや受験や修学旅行のときにあったらどれだけよかったかと思いましたが、既に大学受験も終わっていました(日本で低用量ピルが認可されたとき既に高校生でした)。

子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症リスクを下げると知ったのは最近のことです。「あのときホルモンバランスが乱れず、婦人科にかかってピルを飲むことを知らなかったら、今頃病気で苦しんでいたかもしれない」と思います。

こういうこと、学校で教えてくれないかなぁと思ってしまいます。

違反報告

ホルモン剤は不自然か

きよたん

タイトルが気になって拝見しました。

実は私も低量用ピル ルナベル配合錠 を飲んでます。

一昨年 卵巣嚢腫が見つかり、左側の卵巣全摘出 そのついでに、右側には子宮内膜症 パチンコ玉ぐらいの3つ 見つかり…今は薬療法

以前は 飲むのをちょっと抵抗がありましたが、ネットで調べたり、今 雑誌などで取り上げてるので…読んでみたら、自分で納得し、理解が出来ました。

現在 結婚も出産 高年齢で…今は男女関係無しに仕事は男性並み…そう考えると、男は稼ぎ、女は家庭…ではなく、男も女も稼ぎの時代になるってと感じました。それに一番気になった事は…女性の卵巣が高齢は昔も今も変わらないって事が興味って言うか気になりました。 長くなりましたが…私はあまり文章とか話がうまくないのですが…自分なりに理解をしてやっている事が分かっただけで良かったと思います。

ありがとうございます。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。