文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

健康・ダイエット・エクササイズ

「5本指」靴下に脚光…蒸れや冷え防止、むくみ軽減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
履き口の広いもの(左下)や、足の指を開くユニークな靴下(右下)など様々な商品が登場している

 足の指の部分が1本ずつ分かれた「5本指」タイプの靴下が多彩になってきた。

 足が疲れにくい、湿気の多い夏でも爪先が蒸れないなどの利点があるという。長時間の立ち仕事の時に履いたり、就寝時にリラックス効果を求めたりする人も多い。

 5本指タイプの靴下は袋状の靴下と異なり、それぞれの指を布地が覆うため、指の間の汗を吸い取り、足が蒸れにくくなる。また、指が開くことで、体重を支えやすくなるという。

 生活雑貨ブランドの「無印良品」は、今年の春夏商品で計5種類を展開。特に人気なのが、女性用の「5本指フットカバー」だ。履き口が広いパンプスにも合わせやすく、足の汗対策に購入する人も目立つ。

 専門店「靴下屋」では、ショート丈やロング丈、スポーツタイプなど約50種類を取り扱い、品数は年々増加傾向だ。広報担当の手塚莉恵さんは「購買層は女性が中心。足の疲れなどを気にする人が多いようです」と話す。

 同社が医師の監修で行った実験では、5本指靴下を履くと、指先の血管や筋肉が刺激されて血流が良くなり、足の表面温度が上がるという結果が出た。「足のむくみの軽減、冷え対策にもつながります」と手塚さん。

 指の間を広げるための靴下もある。医療・健康用品メーカー、ピップの女性向けブランド「スリムウォーク」の「足指セラピー」は爪先部分が開いた室内用ハイソックスだ。指と指を仕切る部分が厚手の生地になっている。指を広げて血行を良くし、足の疲れを軽減させる狙いがある。「パンプスやハイヒールを履いて負担のかかった足をリラックスさせてほしい」と同社の担当者は話す。入浴後や就寝時に着用する人が多いという。

 東京医科歯科大学付属病院(東京)でフットケア外来を担当する医師の高山かおるさんは、足の指が分かれたタイプの靴下について「外反母趾(ぼし)気味で指と指の間が狭くなった状態を矯正し、指が地面に着かない状態の『浮き指』の予防にもつながる効果もあります」と説明する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

最新記事