文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント 麻木久仁子(あさぎくにこ)さん 50

一病息災

[タレント 麻木久仁子さん]脳梗塞と乳がん(3)「バッサリ切って」揺れ動く心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 脳梗塞の発作から1年8か月たった2012年8月。毎年受ける人間ドックを、脳の検査データもある東京女子医大の関連施設に変えたばかりだった。

 そこは偶然、医療番組でマンモグラフィー検査を受けたクリニック。人間ドックの中でマンモグラフィーとエコー検査を受けたところ、以前の画像にはない白いぼんやりした影が右胸にも左胸にも映っていた。

 「先生が『非常に早い段階だから、治療の選択肢はたくさんある』と言った時、ああ、これはがんかもと思いました」

 国立がん研究センター中央病院を紹介された。後日、太い針をしこりに刺して、組織を採取する「針生検」をしたが、確定できない。手術でしこりを取り、あわよくば取り切ってしまう「切除生検」に進んだ。

 しこりは右が0・7センチで、左が0・9センチ。乳腺組織の中にがんがとどまっている「非浸潤がん」でごく早期だった。だが、乳首に近い所にあり、右は切除した端にがんが残っていたため再手術が必要だった。

 主治医から、「できるだけ温存しますが、安全のためにもっと取るべきだと判断した時は乳首・乳輪を切除するか、それとも温存して違う治療を考えますか」と尋ねられた。「バッサリ切ってください。命の方が大事だから」と言い切ったが、再手術までの時間、心が揺れ始めた。

【関連記事】

・麻木久仁子さん 脳梗塞と乳がん(5)心境変化 娘との時間楽しむ(2013年6月6日)

・麻木久仁子さん 脳梗塞と乳がん(4)再手術前夜 主治医を信頼(2013年5月30日)

麻木久仁子さん 脳梗塞と乳がん(2)ストレスで発作 そのたび薬(2013年5月16日)

麻木久仁子さん 脳梗塞と乳がん(1)右手足に震え…「脳に異常か」(2013年5月9日)

→医療大全「乳がん」
https://yomidr.yomiuri.co.jp/iryo-taizen/archive-taizen/OYTED551/

→病院の実力「乳がん」
https://yomidr.yomiuri.co.jp/byoin-no-jitsuryoku/archive-jitsuryoku/?has-enquete=has-enquete&disease=OYTED551

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント 麻木久仁子(あさぎくにこ)さん 50

最新記事