文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ピロリ菌 家族にうつるか

 12年前にピロリ菌の除菌に成功しました。その後も内視鏡検査で毎年検査を受けており、異常はありませんが、過去に家族にうつしてしまったのではないかと心配しています。(71歳男性)

可能性低いが、心配なら検査を

菅野 健太郎 自治医大消化器内科教授(栃木県下野市)

 ピロリ菌の感染率は、若い世代ほど減少していることが知られており、親の世代の感染率と比較すると、約半分程度です。

 ご質問者の年齢の70歳代の感染率が70%程度とすれば、一世代若い40歳代では35%程度、もう一世代若い10歳代では10%台となっています。このことは両親から子、祖父母から孫などのような家族間の感染は、実際にはそれほど起きていないことを意味します。

 一方で、家族間でのピロリ菌の遺伝子型が一致している事例も報告されており、家族間の感染もある程度は起きていると思われます。ご心配ならば、ご家族で検査などを受け、陽性であれば除菌を行えば安心できるでしょう。

 2月から、胃潰瘍などがなくても、ピロリ菌陽性の胃炎に対する除菌に保険がきくようになりました。除菌すれば、潰瘍になりにくくなるだけでなく、胃がんを予防できるのではないかと期待されています。

 ご質問者が除菌された12年前は、潰瘍がある場合の保険治療が認められて間もない時期ですから、胃潰瘍か十二指腸潰瘍の病名で除菌が行われたのではないかと推測します。除菌しても、胃潰瘍のように胃の萎縮を伴っている場合は、除菌していない人と比べて胃がんの危険性は減りますが、ゼロにはなりません。

 我々の診療現場でも、除菌成功後10年以上経過して、胃がんが見つかる患者さんがいます。既に実践されているように、除菌後の定期検査をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。