文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

胃がん治療後のCT検査による被ばくが心配

 2011年に胃内視鏡検査で早期がんが見つかったが、ESDで治療しました。その後、経過観察のため、CT(コンピューター断層撮影)検査を6か月おきに2回受けました。結果はいずれも異常なしでした。今後も6か月おきに検査を予定しています。検査の必要性は分かりますが、反面、CT検査による放射線の被ばくリスクが気になります。私が検査を受けたのは、「64列マルチスライスCT」と腹部の「エックス線造影検査」です。がんの発生など健康への影響はあるのでしょうか。(79歳男性)

CT検査の頻度を落とせる可能性も 主治医に相談して

大友邦 東京大学医学部放射線科教授(東京・本郷)

 臨床情報が足りないため、以下、一般論として回答させて頂きます。

 医療被ばくの場合には被ばくというリスクが伴っても、その検査によって病気を発見できれば、被ばくした本人が利益を得ることになります。主治医は、今回のCT検査は、患者さんにとって害よりも利益を多く与えるものであると判断したのでしょう。

 確かに年2回の体部CT検査で発がんが起きる可能性はわずかにあります。しかし、1個のがん細胞が、1cm程度に大きくなるまでには10年以上かかります。つまり、万一、CT検査が原因でがんが発生した場合でも、治療が必要になるまでには10年という単位でかかります。79歳の個人レベルではほとんど問題ないと言えるでしょう。

 患者さん自身の検査計画に関して、疑問や心配な点を主治医に質問し、納得するまで相談することが大事だと思います。なお、頂いた情報からだけでは断言できませんが、79歳という患者さんのご年齢と早期胃癌という病変の進行度を考えますと、CT検査の頻度を今よりも落として、内視鏡検査などの他の検査法で再発の有無のチェックをするという方針をとれる可能性もあります。主治医とご相談下さい。(日本専門医制評価・認定機構協力)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。