文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

医療相談室

歯科インプラント後の服薬は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 昨年5月に歯科インプラントの手術を受けました。骨粗しょう症の薬「エビスタ」を服用中で、歯科医から「治療中はビスホスホネート製剤に変更しないで」と指示されました。(59歳女性)

骨粗しょう症のBP製剤 影響も

岸本裕充(ひろみつ) 兵庫医大歯科口腔(こうくう)外科教授(兵庫県西宮市)

 歯科インプラントは、歯を失った骨に金属の人工歯根を埋め込み、完全に結合させたうえで、人工歯根に歯冠部分をつけ、歯の形を再現する治療です。

 一方、骨粗しょう症の薬には、骨の代謝を遅くするビスホスホネート(BP)製剤、骨に対し女性ホルモンのような働きをする「エビスタ」をはじめとしたラロキシフェン塩酸塩などがあります。

 BP製剤は、最も骨折予防効果に優れる薬の一つです。骨密度の低下などの理由で、医師がBP製剤を勧める可能性はあります。

 BP製剤を使っていると、抜歯やインプラント手術のように顎の骨の治癒が必要な治療で、治る速度が遅くなる場合があります。手術後の経過が悪いと、まれに顎の骨が壊死(えし)することもあります。

 したがって、抜歯やインプラントの手術を行う時には、BP製剤を一時中断することがあります。一方、BP製剤は骨に強力に沈着しているため、短期間中止しても効果はあまりないという考え方もあります。

 手術後1年近く経過し安定しているならば、エビスタをBP製剤に変更しても、直ちにインプラントに悪影響を及ぼすことはないでしょう。ただし、インプラントの周囲に炎症などが生じた場合、治りに影響を及ぼす可能性はあります。

 毎日の適切な口腔清掃と歯科での定期的なメンテナンスが必須です。BP製剤への変更が必要になったら、その時点で、インプラントの状態を慎重に評価する必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室の一覧を見る

最新記事