文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

相次ぐダニ感染症…野山では肌の露出少なく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 マダニがもつ新種のウイルスが引き起こす「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の感染者が今年に入り国内で11例報告され、7人が死亡した。ダニは春から秋にかけて動きが活発になる。ダニが媒介する感染症についてまとめた。 画像の拡大  SFTSは2011年に確認された新しいマダニ感染症だ。09年頃より中国で感染報告が相次ぎ、ウイルスが特定された。  国内では、山口県の女性がSFTSに感染し、昨秋、死亡…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事