文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

中耳炎で鼓膜切開 小さな穴が閉じない

 7歳の息子のことで相談があります。3歳ぐらいから「滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)」で鼓膜切開を数回繰り返して治療してきたのですが、切開から半年たっても鼓膜に開いた小さな穴が閉じていません。問題ないのでしょうか。何か、日常生活で注意すべき点などありますか。(35歳女性)

決して悪い状態ではないが、閉鎖する手術も

八木聰明 日本医科大学名誉教授・人間環境大学長

 小児の滲出性中耳炎は両側性が多く、その状態が長く続くと中等度の難聴が持続します。そのために、耳からの情報が最も必要な時期に情報量不足になり、知識を含めたその後の生活に大きな影響を及ぼします。また、滲出性中耳炎の治療を怠っていると、さらに難治の中耳炎に移行することがあります。

 そこで、滲出液を排泄し、鼓室(鼓膜の内側)に空気を入れる(換気)ための治療が行われます。最も効果的なのが鼓膜切開です。しかし、切開した鼓膜は通常1週間から10日程度で自然に閉鎖してしまうので、切開をくり返す必要が出てきます。頻回の鼓膜切開でも、直ぐに鼓膜が閉鎖し滲出性中耳炎が再発するときには、鼓膜の小穿孔を持続させるために、鼓膜切開したところに換気チューブを挿入します。

 このように、滲出性中耳炎では、正常な中耳のように鼓室に空気を入れておくことが最も大切な治療になります。そこで、ご相談の7歳で鼓膜に小さな穴の開いている状態は、決して悪い状態ではありません。小穿孔では、ほとんど難聴は起きませんし、耳栓をしてプールに入ることもできます。もし、鼓膜の小穿孔が自然閉鎖しないようであり、反対耳に滲出性中耳炎が起きないことが確認されれば、10歳頃を目安に鼓膜閉鎖の小手術(外来あるいは1日入院)によって閉鎖すればよいでしょう。(日本専門医制評価・認定機構協力)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。