文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

コラム

フランス終末期医療(1)胃ろうは治療の一環

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 昨年10月にヨーロッパ出張の機会があり、1週間足らずとわずかな期間ですがフランスの終末期医療を取材しました。要点は1月に解説面の記事に書きましたが、書き足りなかった点や印象に残ったことを5回に分けて紹介します。地理的にも文化的に距離はある国ですが、終末期医療を考えるひとつの材料になればと思います。

 解説面の記事に書いたように、特に興味があったのが胃ろうです。自分の口で食べられない患者が、腹部に開けた穴から胃に管を通して水や栄養をとる方法です。日本の胃ろう患者は約40万人ともいわれますが、近年、延命手段的な利用の増加に疑問を持つ人も増えています。欧米では、そのような胃ろうの利用は少ないといわれています。フランスも、認知症末期での胃ろうは基本的には行わない国といわれていますが、本当にそうなのか、現地で聞いてみようと思いました。

 結論から言うと、確かに日本とは全く状況が違いました。パリに向かう道中でたまたま知り合ったフランスのがん専門病院の医師に「胃ろうに関心をもっている」と話すと、「胃ろうはベリーグッド。食道がんなどで口から栄養を十分取れない場合、手術前から胃ろうにして栄養補給すると、術後の回復がとても早いよね」と予想外の答が返ってきました。胃ろうは、あくまで治療のために一時的に行う医療という認識だったようです。

消化器内科医のジャック・セーさん

 パリ近郊で開業し、胃ろうの手術を600件近く行っている消化器内科医のジャック・セーさんにインタビューした時も、日本の状況は容易に理解されませんでした。「胃ろうは栄養失調の改善法。回復見込みのある人に積極的に使い、延命のために機械的に行うことはない。使い方が日本と全く違うようです。なぜ日本ではそんなに多いのですか。命の尊厳を大切にすることは、必ずしも延命ではありません」と、逆に質問されてしまいました。「えー、やはり命が何より大切だし、少しでもそれを延ばせるのだから……」などと答えると、「国によって考え方は違いますよね」とセーさんは肯定的に応じてくれましたが、いまひとつ納得できない表情でした。

藤田勝(ふじた・まさる)
 2008年から医療部。終末期医療、大腸がん、皮膚疾患、耳・鼻の病気などを取材。アホウドリとアムールトラ好き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

11件 のコメント

コメントを書く

いろう

五万石

フランスのようにすべきです。

フランスのようにすべきです。

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事