文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

乳児の娘 腕にいちご状血管腫

 生後40日の娘は、生後10日ほどしてから右腕に赤いあざが現れました。1か月健診で「いちご状血管腫」と告げられましたが、いつ頃、どのような治療をするのが最適なのでしょうか。(35歳女性)

大半は小学生で自然に縮小

林 礼人(あやと) 順天堂大形成外科 先任准教授(東京都文京区)

 いちご状血管腫は、血管の内皮細胞に異常が起きて発症すると考えられています。生後間もなくは、平らで赤いあざですが、少し時間がたつと隆起し、いちごのような外観を呈してきます。大半は、小学校低学年頃には自然に縮小し、色も消失します。

 かつては経過を見守るのが一般的でしたが、生後半年頃までの間に急に大きくなることがあります。

 一度大きくなると、その後縮んで色あせても、でき物のだぶついた感覚や質感が、正常な皮膚とは少し異なってしまいます。また、眼の周りにあると、眼を塞いで視力低下を招く恐れもあるなど、血管腫の場所によっては体の機能に悪影響を及ぼします。

 特に顔や腕など目立つ部位では、生後半年以内にあまり大きくしないために、積極的に治療を行うようになってきています。

 治療は一般的に、レーザーの照射やドライアイスを用いて、色素を薄くしたり、でき物を小さく保つようにしたりします。それでも増大傾向にあれば、ステロイド(副腎皮質ホルモン)の内服や、病変部への注射を行うこともあります。最近、血圧降下薬の一つが効果的とわかり、新たな治療の可能性が期待されています。

 最終的に膨らみが残った場合は、手術で切除することもあります。

 生後1か月で腕の場合、目立ちやすいかや大きさ、形などを総合的に判断し、治療を検討します。早めに形成外科や皮膚科専門医を受診することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。