文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

顔面神経まひ 再発、後遺症心配

 19歳の娘が、顔の左側が急に動かなくなり、「顔面神経まひ」と診断されました。抗ウイルス薬とステロイド(副腎皮質ホルモン)を飲んでいますが、後遺症や再発の恐れはないでしょうか。(45歳女性)

「ベルまひ」は8~9割が改善

 古田 康 手稲渓仁会病院 耳鼻咽喉科・頭頸部 外科部長(札幌市)

 顔の片側が動かなくなる顔面神経まひのうち、突然発症するもので最も多いのは、原因不明の「ベルまひ」です。最近、口内炎などの原因となる単純ヘルペスウイルス1型が引き金となることがわかってきました。

 次いで多いのが、水ぼうそうの原因ウイルスで、耳やのどに水ぶくれやかさぶたが生じ、急に顔面のまひが起こる「ハント症候群」です。

 これらのウイルスが、顔面神経の炎症や水ぶくれを引き起こし、まひが生じると考えられています。

 治療は、抗ウイルス薬とステロイドの飲み薬を使い、ウイルスの増殖や、炎症を抑える治療が行われます。

 ベルまひは、症状が軽ければ1か月程度で完全に治ります。顔が全く動かないような高度のまひでも、8~9割の患者は2か月程度で改善します。残る1~2割は、半年から1年経過してもまひが続き、まぶたと口が一緒に動く異常運動や、顔面のひきつれなどの後遺症が残ります。

 ハント症候群は、ベルまひに比べて治りにくく、後遺症に悩まされることが多いのが特徴です。

 ただ、ベルまひでも一度治った後に再発することもあります。約7%の患者が、まひにもう一度かかりますが、左右が入れ替わることの方が多いです。

 同じ側だけ何度も繰り返す場合は、顔面神経にできた腫瘍が原因のこともあります。コンピューター断層撮影法(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)などによる検査が必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。