文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

眠くならない花粉症の薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 先日、猫の記事だけが載っている「ねこ新聞」を知り合いから読ませていただきました。どうも、人間と同じように猫も花粉症で苦しんでいるようですね。

 そんな猫もつらいこの季節ですが、花粉症の人間(?)に漢方薬で最も使われるのは、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。「味が少し酸っぱくて飲みにくい」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、おすすめの薬です。

 わたしはこの薬を処方するとき、いつもこの名前が「鼻水(昔は青鼻ともいいました)が、滝のように流れる」という意味に思えて、思わずクスッと笑ってしまいます。この名前の由来は青鼻ではなく、古来中国で四方を守護する四神の一つのことで、西方の白虎、南方の朱鳥、北方の玄武とともに、東方を守護する神獣「青竜」からきています。

抗ヒスタミン剤の眠気が心配な方に

 花粉症に用いられる西洋薬としては、抗アレルギー剤があります。代表的なものは抗ヒスタミン剤で、鼻水や鼻閉感を取ってくれます。しかし、副作用に「眠気」があり、睡眠薬代わりに使っている方もおいでだと思います。わたしはどんなに弱い抗ヒスタミン剤でも、「眠気」に襲われてしまうため、かなり用心して使うようにしています。

 しかし、小青竜湯では「眠気」という副作用がないといわれているので、わたしのように抗ヒスタミン剤に弱い方には、漢方薬をお薦めします。

カバンにいつも小青竜湯

 さて、小青竜湯を処方されたとき、ぜひカバンなどにいつも入れておいてください。

 小青竜湯は、花粉を吸い込んでしまう前に内服しておくと効果的ですが、即効性もあります。内服するのを忘れて外出したときも、カバンの薬を内服すれば、症状が出始めてからでも効果があります。

 ぜひ、漢方薬を上手に使って、花粉症の時期を乗り切りましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いまづ医師の漢方ブログ_顔120

今津嘉宏(いまづ よしひろ)

芝大門いまづクリニック(東京都港区)院長

藤田保健衛生大学医学部卒業後に慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。国立霞ヶ浦病院外科、東京都済生会中央病院外科、慶應義塾大学医学部漢方医学センター等を経て現職。

日本がん治療認定機構認定医・暫定教育医、日本外科学会専門医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログの一覧を見る

最新記事