文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「栄養と料理」 インターネット講座

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

卵とキャベツの和風ココット(塩分一日6gの健康献立)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一日のうちでもっとも減塩効果があるのは朝食

料理/小川聖子  撮影/多賀谷敏雄
『塩分一日6gの健康献立』(女子栄養大学出版部)から転載

 朝食に塩分を多くとると、日中の血圧が上がりやすいという報告があります。ですので、減塩をするなら、まず朝食から始めてみてはいかがでしょう。

 いちばん手軽なのは、朝食の献立に汁物を控えることです。できれば汁物は一日1食にすると減塩しやすいからです。ですが、汁物も具だくさんにして汁の量を減らしたり、減塩みそや減塩しょうゆを使ってうす味にしたりすれば、献立に加えてもだいじょうぶでしょう。

 主菜の和風ココットもキャベツに味つけをするだけです。卵は半熟状に仕上げてソースのように食べます。

作り方

(1) キャベツは太めのせん切りにし、削りガツオ、油、しょうゆを加えてあえる。

(2) 1人分ずつ耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(500W)に2つとも入れ、2分加熱する。

(3) とり出してラップをはずし、キャベツの中央をくぼませ、それぞれに卵を静かに割り入れる。破裂しないように、竹串でそっと卵黄に穴をあけ、ラップをして2つとも再び電子レンジに入れて2分加熱する。

※ 1人分ずつ作る場合は、1分ずつ加熱する。

 

■ 女子栄養大学出版部からひと言

 くわしくは『塩分一日6gの健康献立』(本日発売)をごらんください。写真は、「卵とキャベツの和風ココット献立」です。メニューは「ブロッコリーのごま酢かけ」、「さつま芋の甘煮」、「ごはん」。総カロリー494kcal塩分1.4gです。減塩初心者に向けて、懇切丁寧に減塩料理や減塩テクニック、食品の塩分など、さまざまな情報を掲載しています。使っているうちに減塩の知識とテクニックが自然に身につきます。一献立350~700kcal台、塩分1.2~2.7gの朝昼夕の献立を70献立と、これらを組み合わせて塩分が一日6g台になる献立を紹介。そのほかにも減塩料理100品と献立のバリエーション、春夏秋冬の各1か月分の献立カレンダーつきです。当出版部のホームページ http://www.eiyo21.com にもお立ち寄りください。(編集担当/田浦)

ご購入はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ヨミドク健康レシピ_女子栄養大学20120727book

女子栄養大学出版部
■女子栄養大学出版部からひと言  おいしい料理を作るのに必要なのは、特別な技術やレシピではなく、きちんと作ることです。『女子栄養大学のお料理入門』は、女子栄養大学の学生に教える入門料理をまとめたもの。授業で指導されている切り方・火加減・加熱時間などを、できる限りていねいに収載しました。“料理初心者のお手本にぴったり”、“自己流だったから仕上がりがイマイチだったことに気づきました”など、初心者からベテランの方まで大変好評をいただいています。当出版部ホームページ http://www.eiyo21.comでもご紹介しておりますので、ご覧ください。(編集担当/奥山)

「栄養と料理」 インターネット講座の一覧を見る

最新記事