文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優 吉井怜(よしいれい)さん 30

一病息災

[女優 吉井怜さん]急性骨髄性白血病(2)激しい悪寒と火照りで入院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2000年7月、グラビア撮影などのため、奄美大島に入った。3日目の朝、目覚めると悪寒で歯がガチガチと鳴った。熱いシャワーを浴びても震えが止まらない。体温は40度を超えていた。

 撮影は中止。地元の病院で点滴治療を受けた。仕事に穴を空けたことへの歯がゆさ、いら立ちを抑えられず、矛先をマネジャーに向けた。夜、急きょ東京に戻り、帰宅した。激しい悪寒と火照りが繰り返して起こり、その晩は、ほとんど眠れなかった。

 翌朝、鏡に映る顔はむくみ、別人のようだった。この日、親友から電話があった。話し始めると顔から大量の汗が噴き出した。終わると、床には汗の水たまりができていた。心配した両親に救急外来へと連れていかれ、即入院した。

 精密検査で知らされた病名は「骨髄不全症」。「急性骨髄性白血病」と本当の病名を告げられたのはずっと後のことだ。実際は抗がん剤を使った治療についても「悪い菌を殺して、元気な骨髄を取り戻す点滴」と説明された。

 耐え難かったのは、3か月間の入院が必要なことだった。清涼飲料水のコマーシャル撮影や、高視聴率の特別番組の司会など大切な仕事が控えていた。

 「少しでも休むと、芸能界で必要とされなくなってしまう」。そう思うと悔しくて涙が止まらなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

女優 吉井怜(よしいれい)さん 30

最新記事