文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

コラム

マインドフルネス・ワークショップ体験記(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきなり心を掘り下げた!

 昨年(2012年)8月、読売新聞朝刊の医療ルネサンスで、3回の連載「シリーズこころ・マインドフルネス」を書きました。マインドフルネスの概要をお知りになりたい方は、この記事(※記事はこちら。有料登録が必要)のほか、この時に書いたブログ「医療情報部発」をご覧下さい。

ワークショップの数日前に開かれたマインドフルネスフォーラム2012のシンポジウム。ジョン・カバットジン博士が身ぶり手ぶりを交えて講演しました(東京都千代田区の一ツ橋ホールで)

 その時にも予告しましたが、「マインドフルネスフォーラム2012」のワークショップに参加してきました。今回はその体験記を書きます。

 このフォーラムは、「マインドフルネス・ストレス低減法」(Mindfulness Based Stress Reduction=MBSR)の開発者であるジョン・カバットジン博士(米国・マサチューセッツ大学名誉教授)を招き、講演やワークショップを行う催し。目玉は何と言っても、実際にジョン・カバットジン博士の指導を受けられるワークショップです。

 ワークショップには1日コースと3日コースがあり、私は3日コースに参加しました。体験取材ということではなく、一般の人と同じように参加費を支払っての参加です。

 期間は2012年11月16日(金)から18日(日)までの3日間、会場は横浜市の総持寺。福井県の永平寺と並ぶ曹洞宗(曹洞禅)の大本山です。

 境内の「三門(さんもん)」という門をくぐると、すぐ右側に切り妻造り鉄筋コンクリートの立派な建物があります。これが「三松閣(さんしょうかく)」で、その4階にある広大な畳敷きの大講堂がワークショップの会場です。

 大講堂の畳には「坐蒲(ざふ)」(座禅用の座布団)がズラリと並び、そこに約140人の参加者たちが座ります。坐蒲の下にヨガマットやバスタオルを敷いている人も多く、私も(数年前に買ってほとんど使っていない)安物のヨガマットを敷きました。ステージには木彫りの釈迦如来像があり、その前にカバットジン博士と通訳の女性が座っています。

 1日目は13時半から18時半までの5時間です。

 最初に、カバットジン博士から全員に、こんな問いかけがありました。

 「あなたは、なぜここにいるのですか?」

 沈黙が続きます。20秒か30秒ぐらいあったでしょうか。

 私も、目をつぶって考えました。なぜここにいるのか。なぜこのワークショップに参加したのか――。

 以前からマインドフルネスに興味を持って、本も読み、記事も書いた。そうだな…やはり、どうでもいいことにイライラしなくて済むよう、自分の感情を上手にコントロールしたい。それでここに来た。

 「では、次の質問です。……あなたは、本当はなぜ、ここにいるのですか?」

 え? 同じ質問? いや、今度は「本当は」が付け加えられている…。

 本当は、どうなんだろうか。なぜ自分は参加したのか。

 そうだな…。感情のコントロールもあるけど、マインドフルネスを、今やっている武道に生かしたい、という気持ちもある。観察力や洞察力を高めることで、相手がどのような攻撃を仕掛けてくるのかを瞬時に見抜けるようになれたらいい…。これもあるな。

 「では、次の質問です。……あなたは、本当は本当は、なぜここにいるのですか?」

 え、もっと深く考えるのか…。本当のところはどうなんだ…。まだ何かある? う~ん…。

 「次の質問。……あなたは、本当は本当は本当は、なぜここにいるのですか?」

 ここまで来て、ふと、思い至りました。

 幸せになりたいから。

 たとえ平凡な毎日でも、それを十分に楽しみ、たとえどんな不幸に見舞われても「大丈夫だ、やっていける」と信じられる人間になれれば、きっとその人は幸せだろう。そして、何があっても冷静に対処できる判断力や洞察力も高めたい。「そうなれる何か」を得るヒントをつかみたい。そしてそれは、結局のところ私が幸せになりたいのだ。妻や子どもたちの幸せではなく、自分の幸せ……。これって、やっぱりエゴだろうか…。

 カバットジン博士の問いかけはここで終わりました。

 「おお、いきなりこう来るか~!」。私はちょっと感動しました。

ワークショップのステージで座るカバットジン博士(横浜市の総持寺で。マインドフルネスフォーラム2012実行委員会提供)

 マインドフルネスは、日本語で「気づき」などと訳されます。カバットジン博士の定義では、「今ここでの経験に、評価や判断を加えることなく、能動的に注意を向けること」。その形容詞形が「マインドフル」です。注意を向ける対象となる「今ここでの経験」というのは、体への注意もあれば心への注意もあり、自分以外の事象への注意もあります。

 普通は、体の感覚への注意の練習から始める方が入りやすいと思います。MBSRのベースとなった初期仏教の瞑想法でも、「気づき」を向ける対象は、身体→感覚→心→心の対象へと進んでいきます。でも、カバットジン博士はいきなり心への注意を促し、私自身、気持ちや思考の深い部分を見つめることができました。

 この後、参加者たちが手を挙げて、「なぜ参加したのか」という、この時の「気づき」を発表する時間を持ちました。個別の内容は外部に絶対に漏らさないルールなので、詳しくは書けません(実は記憶力が悪くて、もうすっかり忘れているので書きようがない)。ただ、参加者は医師や心理士、ヨガの療法士が多かったこともあり、患者やクライアントへの治療、生徒さんへの指導に生かしたくて参加した方が多かったようです。

 「それに比べて、私は自分のことしか考えていない…」。つい、そんなことを考えそうになりましたが、やめました。「評価や判断」は禁物。他の参加者の体験を聴く場合も、評価や判断をせずに、ありのままをマインドフルに聴くように、と博士に言われていたのです。

 カバットジン博士が最初にこの問いかけをしたのは、これから始まる3日間を真剣に取り組めるよう、参加した動機や原点を全員に自覚してほしかったからではないか、と、今では考えています。

次号につづく)

山口博弥(やまぐち・ひろや)
1997年から医療情報部。胃がん、小児医療制度、高齢者の健康、心のケアなどを取材してきた。自称・武道家。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

信じるとは

木戸愛楽

なんとなく、遡及されちゃった感じですね。何故を繰り返すと真実に当たるとでもいうのでしょうか。真実とは己の考えをいれない事。仏教では言われていたと...

なんとなく、遡及されちゃった感じですね。
何故を繰り返すと真実に当たるとでもいうのでしょうか。真実とは己の考えをいれない事。
仏教では言われていたと思います。

真実にどう到達するかの訓練なんでしょうね。
問答を介して、たどり着く真実の境地。
そこには自分がいない。
という雰囲気なのでしょうか。
舎利子に菩薩が説いた世界の実体験なのでしょうか。
興味があります。
これからの記事、楽しみにしております。

般若の世界。
南無。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事