文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[なっ解く]会話する時の視線どうする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

顔もしっかりと向ける

マナー講座で受講生に視線の基本を教える甲斐さん。「日々の意識が大切」と説く

 「目は口ほどにものを言う」というように、誰かと会話する時は、視線の置き方・使い方で印象が大きく変わる。だが、ずっと相手の目を見つめていると疲れてしまう、といって目をそらせば真剣さに欠けるようで――と、実践するのは案外難しい。コツはないものだろうか。

 「話す時は、相手と目の高さを合わせるのが基本です」。NPO法人「日本サービスマナー協会」(東京)が今月、大阪市内で開いたビジネスマナー研修。講師を務めた甲斐絢子さんは、いすに座っている若手社員の前にしゃがみ込み、実演して見せた。参加した女性(23)は「思った以上に奥が深い」と感心する。

 甲斐さんは「社会人だけでなく、就職活動中の学生などでも、視線を気にする人は増えています」と話す。

 参天製薬(大阪)が昨年、「第一印象で相手のどこに注目するか?」というアンケートを実施したところ、「目」が52%でトップ。2位の「体形」(24%)、3位の「髪」(18%)を大きく引き離した。初対面の相手には、目の使い方にいっそう、気をつけたい。

 名刺交換や、あいさつでお辞儀をする際は、その前後に、相手の目を見ると誠意が伝わりやすい。「見つめながら、頭の中で、2秒間数えてください」と甲斐さん。

 話すときは、真っすぐ見つめるのが基本。相手が複数の時は、話している人に、目だけでなく顔もしっかり向けることが大切だ。途中でキョロキョロと目を動かすと、落ち着きがないと見られてしまう。視線を動かす時は、相手の話が一区切りついた時点で、顔ごと視線を動かすのが自然だ。

 また、相手との位置関係で印象も変わる。一般に、真正面に向かい合うより、斜め45度くらいで会話する方が親近感が増すとされる。

 ただ、じっと相手の目を見つめ続けていたら、互いに疲れてしまう。例えば1分間のうち、どの程度の時間、目を合わせるのがよいのだろうか。

 日本大学芸術学部教授の佐藤綾子さん(パフォーマンス心理学)の実験では、合計32秒程度が快適な印象を与えるとの結果が出た。目を見る時間が短いと無関心なイメージを、長いと圧迫感を与えてしまうという。

 相手を見つめすぎず、かつ失礼にならないようにする方法はないのだろうか。

 佐藤さんは、相手の顔の両目の目尻と鼻筋の中心を結ぶ逆三角形を想像し、その範囲内をぼんやり眺めることを勧める。実際に目を合わせていないが、相手は「見つめられている」と感じるという。

 視線をはずす時は、例えば手元の資料に目をやったり、少し目を伏せたりするのが自然だ。あまり目を上に向けると、話を聞いていないと取られてしまう恐れがある。時計や窓の外を見ることは禁物だ。ただし、自分の考えを伝える時や、大事な話をする場面では、しっかり目を見るように。

 佐藤さんは「言葉と同じくらい、アイコンタクトや表情、しぐさは、相手の印象に残る。日頃から目の動きを意識することが大切です」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事