文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「栄養と料理」 インターネット講座

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

鶏肉とかぶのミルクポトフ(胃腸快調!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

胃にやさしく、胃の調子をととのえる食事を

料理/岩﨑啓子  撮影/柿崎真子
月刊「栄養と料理」(女子栄養大学出版部)2013年3月号より転載

 病院などで「消化がよい食事をとってください」といわれて、おかゆやうどんはイメージできるけれども、ほかにどんなものがよいか困ったことはないでしょうか。

 消化がよいとは、胃にとどまる時間が短く、胃に負担をかけないことです。それは個人差が大きいのですが、脂肪が少ないものにする、繊維がかたいものは避けるなどがポイントです。さらに、胃のいたんだ粘膜を修復したり、消化酵素を作ったりする栄養素も必要です。やわらかく調理する、よく噛んで食べるなども重要です。

 ここでご紹介するポトフは、バターを使わない低脂肪のシチュー風。鶏肉は皮を除いて嚙み切りやすくし、消化を助けます。

 

作り方

(1) 鶏肉は皮を除き、塩とこしょうをふる。

(2) 玉ねぎは縦半分に切り、にんじんは3cm長さに切る。かぶは縦半分に切り、キャベツは4等分ずつに切る。

(3) なべに水を入れて煮立て、鶏肉、ロリエ、ブイヨンを入れてふたをし、再び煮立ったら弱火にして15分煮る。

(4) 野菜を加えてさらに20分煮て、牛乳を加え混ぜてひと煮立てし、塩とこしょうで味をととのえる。

 

■女子栄養大学出版部からひと言

 『栄養と料理』(毎月9日発売)は、おかげさまで今秋、創刊78周年を迎えます。ご家族の皆さまの健康を願い、栄養バランスのとれた食生活を毎月提案しています。今号の特集は「胃腸快調!」。そろそろ、花粉症や風邪に悩まされるころでしょうか。でも、胃腸がじょうぶな人はいつも元気で、花粉症にも負けないようです。胃腸についてくわしく知り、体調をくずしやすいこの時季を元気に過ごすためのヒントをご紹介します。インターネット上で立ち読みもできますので、当出版部のホームページ http://www.eiyo21.com をご覧ください。(編集担当/小林)

ご購入はこちらから

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ヨミドク健康レシピ_女子栄養大学20120727book

女子栄養大学出版部
■女子栄養大学出版部からひと言  おいしい料理を作るのに必要なのは、特別な技術やレシピではなく、きちんと作ることです。『女子栄養大学のお料理入門』は、女子栄養大学の学生に教える入門料理をまとめたもの。授業で指導されている切り方・火加減・加熱時間などを、できる限りていねいに収載しました。“料理初心者のお手本にぴったり”、“自己流だったから仕上がりがイマイチだったことに気づきました”など、初心者からベテランの方まで大変好評をいただいています。当出版部ホームページ http://www.eiyo21.comでもご紹介しておりますので、ご覧ください。(編集担当/奥山)

「栄養と料理」 インターネット講座の一覧を見る

最新記事