文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

バセドウ病眼症 薬の副作用心配

 2年前から目の調子が悪くなり、「バセドウ病眼症」と診断されました。ステロイド治療しかないと言われましたが、顔が丸くなるなど、副作用が心配で踏み切れません。(52歳女性)

ステロイド治療 早めが効果的

伊藤 (みつる) 隈病院内科部長(神戸市)

 バセドウ病眼症は、自己免疫の異常で、まぶたや眼球の後ろの組織(球後組織)に炎症が起こり、まぶたの腫れや眼球突出が生じます。甲状腺ホルモンが過剰に作られるバセドウ病患者の3割くらいに表れます。目を動かす筋肉(外眼筋)が腫れると眼球の運動障害が生じ、物が二重に見えることもあります。

 検査は、眼球の突出具合や動きを調べるほか、磁気共鳴画像装置(MRI)で、外眼筋の腫れや炎症の状態をみます。

 治療は、外眼筋に炎症があれば、大量のステロイドを短期間に集中して用いるステロイドパルス療法を行います。球後組織に放射線をあてる治療や、まれに眼球を引っ込める手術が必要なこともあります。

 ステロイドの副作用には、糖尿病、胃潰瘍、感染症、精神症状、骨粗しょう症などがあり、顔が満月のように丸くなること(ムーンフェース)もあります。治療は予防や早期発見に努めながら行います。ムーンフェースは、ステロイドを中止すればやがて戻ります。

 炎症が治まった後もまれに再発することがありますが、大半の人は数年後には日常生活に支障なく暮らしているようです。日常生活では、甲状腺機能のコントロールのほか、体調を整えることが大切です。喫煙は、眼症に影響すると言われ、禁煙をお勧めします。

 ステロイドパルス療法は初期段階の治療がより効果的です。眼科医の指示に従い、早めに治療を開始して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。