文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わいず倶楽部

介護・シニア

アンチエイジング(3)運動、食事、笑顔大切に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 どのように生活習慣を改善すれば、老化を防げるのでしょうか。

 最も大切なのが「運動」です。加齢の速度を遅らせるには、適度な運動が必要です。筋力トレーニングをしてから有酸素運動をすると、成長ホルモンの分泌を促します。軽い筋力トレーニング、バレーボール、早歩き、ゴルフ、ジョギング、水泳など自分に合ったものを選んでください。無理せず体に負荷をかけることのできる太極拳もお勧めです。自宅でも、階段の昇降、ふき掃除で活動量が確保できます。

 次に「食事」を見直しましょう。アメリカの研究で、カロリー摂取を制限すると健康長寿が達成できることがわかっています。腹8分目を心掛け、野菜を食べてから油物を取るようにすると、食物繊維が油を吸収してカロリーが抑えられます。老化の防止に効果がある赤、黄、緑の野菜、果物などを1日「10色」は取るようにしましょう。

 「心」も老化を左右します。何事も前向きに捉えるようにすれば、ストレスが解消されます。例えば誰かに注意された場合、もうダメだと落ち込まず、激励してくれていると受け止めましょう。口角を上げていつも笑顔でいると、表情筋を通じて脳が刺激され、老化も防げます。(講師は近畿大学アンチエイジングセンター副センター長、山田秀和さん。連載記事は、立石知義が担当しました)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

わいず倶楽部の一覧を見る

最新記事