文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

脳ドックで髄膜腫の診断

 脳ドックのコンピューター断層撮影(CT)で、髄膜腫と診断されました。症状はないのですが、大きくなったら脳外科で診てもらった方がいいと言われ不安です。(66歳女性)

大きさ 経過観察が必要

糟谷 英俊 東京女子医大東医療センター脳神経外科教授(東京都荒川区)

 髄膜腫は最も頻度の高い良性の脳腫瘍です。成人100人のうち2~3人にあります。

 頭痛や頭部外傷、脳ドックなどで、CTや磁気共鳴画像(MRI)検査が行われるようになり、見つかることが増えています。偶然見つかった腫瘍はほとんどは大きくなりませんが、経過観察が必要です。

 女性に多く、乳がんとともに見つかる場合もあることから、女性ホルモンが関係すると考えられています。放射線被曝(ひばく)後や遺伝性疾患に伴うこともあります。

 腫瘍のほとんどは脳を包む髄膜から発生し、脳や神経を圧迫して症状を引き起こします。視力障害、顔面神経まひ、手足のまひや、けいれんなど、症状が出て見つかった場合や、腫瘍が大きくなった時には、治療が必要です。

 治療には開頭手術と定位放射線治療(ガンマナイフ)があります。薬で効果のあるものはありません。

 基本は、手術でできる限り摘出することです。神経、静脈、脳に付着し、摘出すると症状が悪化するおそれがある場合は、意図的に残す場合もあります。

 残った腫瘍が大きくなったり、再発したり、手術のリスクが高い場合は、ガンマナイフで治療します。腫瘍が大きくなるのを抑える効果があります。

 基本的には良性ですが、悪性の性格を持つ腫瘍もありますので、髄膜腫が見つかった場合は、脳神経外科医の受診を勧めます。造影剤を用いたMRI検査で、より正確に診断できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。