文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

感染症

シリーズ

[シリーズ感染症]耐性菌を防ぐ(1)不要な抗菌薬 処方多く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 埼玉県所沢市の「くさかり小児科」に11月下旬、1歳の女児が母親に連れられてきた。39度を超える発熱に加え、せきや鼻水などの症状があった。  院長の草刈章さんが、女児の血液を採って調べたところ、白血球の数や炎症の反応が通常値を大幅に超えており、細菌に感染した時の状態を示していた。  だが、高熱や白血球の増加は、風邪の原因の一つであるアデノウイルス感染でもみられることがある。もしウイルスが原因ならば…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「感染症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示

病院の実力


院内感染 チームで防ぐ

 活動時間充実度の目安病気の治療自体はうまくいっても、手術時などの院内感染で容体が悪化したり、命を落としたりする場合がある。救えるはずの命を救えない悲しい結果になるのをできる限り防ぐため、院内感染対策の取り組みは重要…

病院の実力で「感染症」を見る

医療相談室で見る

「感染症」に関連する相談を見る