文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

依存症

治療

薬物依存(1)服薬減らすと強い不安感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  元看護師の男性(左)の話を聞く武藤岳夫さん(肥前精神医療センターで)  医師が処方する抗不安薬や睡眠薬の多くには「依存性」がある。長く使うと、薬を減らす時に強い不安感や不眠などの離脱症状が出る「身体依存」や、飲む欲求を抑えられない「精神依存」に陥る恐れがある。  福岡県の元看護師の男性(40)は15年前、夜勤続きの生活で不眠に悩まされた。精神科で2種類の強い睡眠薬が処方された。  しばらくは効…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「依存症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示