文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[シリーズこころ]震災後の福島で(4)支える側にも心のケアを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  勤務先の障害者福祉施設「ぴーなっつ」で利用者とパズル遊びをする佐藤節子さん(福島県南相馬市で)  福祉施設や行政職員など、住民の暮らしを支える人々の負担は、震災前より重くなっている。こうした人たちの心をどうケアしていくかも重要な課題だ。  福島県南相馬市の障害者福祉施設に勤めていた生活支援員の佐藤節子さん(60)。2011年11月に職場復帰し、同じ法人が経営する別の障害者福祉施設「ぴーなっつ」…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事