文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

1件 のコメント

元気があれば何でもできる。

寺田次郎 関西医大73期 六甲56期

そんなセリフが有名な人がいますねえ。



ウィークポイントは人それぞれなので、それをバロメーターにするのは有用ですね。

それで、風邪に限らず、身体全体の調子をつかむこともできます。



風邪は万病のもとと言いますが、風邪に限らず、全ての病は全身の体力を消耗させます。

だから、清潔と心身の栄養、睡眠で全身の健康状態を高めることがすべての治療の基本だと考えています。

それが崩れている人間に薬を処方しても効きはよくありません。



人混みに全くいかないとか、仕事を全部休め、とかは一般社会人では無理ですが、おやつでもいいからエネルギーを体に入れる、回復するまでは今日しないでいい仕事は休んで睡眠時間を増やす、たばこをやめる、お風呂はやめてシャワーで済ませる・・・など、「できること」だけでもチャレンジしてください、と説明しています。



僕は漢方は知らないので使えないのですが(知ったかぶり処方も嫌なので)、高校の英語の先生がいつも葛根湯を主張していたことだけは覚えています。



生きているうちで、病気や怪我をしないことは無理なので、だからこそ早めの対処が重要になりますね。

違反報告

記事へ戻る