文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

歯肉がやせ、歯がぐらつく

 4~5年前から歯肉がやせて歯と歯の間に隙間ができ、虫歯になりやすくなりました。歯磨きは1日3回していますが、隙間は磨きにくく、歯がぐらつく部分もあり困っています。歯肉は元に戻らないのでしょうか。(41歳女性)

歯周炎の疑い すぐに歯科医へ

秋月 達也 東京医科歯科大 歯周病外来助教(東京都文京区)

 ご質問の内容から、典型的な歯周炎の症状と思われます。歯肉の下には骨があり、歯を支えています。歯周炎になると骨が減り、歯肉もやせていきます。

 歯周炎は、歯周病の中でも骨の減少を伴うものを指します。歯肉がやせて露出した歯の根は表面が軟らかく、虫歯になりやすくなります。

 多くは40歳代から発症します。30歳代半ばから歯肉がやせてきて、歯がぐらつくほど骨が減ることはまれで、進行の速い歯周炎の疑いがあります。

 歯周病の原因は、プラーク(歯垢(しこう))に潜む細菌です。プラークは細菌が増殖したもので、除去するには、たまりやすい歯の歯肉との境目部分を歯磨きでよく磨くことが重要です。

 骨が減って歯肉がやせた場合、残念ながら元に戻すことは難しいです。歯と歯の間の歯肉がやせると、プラークが付着しやすくなるため、悪化を防ぐには歯間ブラシの使用が必須です。

 歯周炎が怖い点は、初期にはほぼ無症状で、歯のぐらつき、痛みなどが表れた時にはすでに重症化していることです。骨の減少が進行して、歯を抜かなければならなくなることも少なくありません。

 歯周炎の危険性は年齢とともに上がります。特に30歳代半ば以降は、定期的に歯科医院を受診し、歯周病の検査やプラークの除去を行う必要があります。

 質問者のように、すでに症状がある場合には、すぐに歯科医に診てもらうことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。