文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

漢方の本場はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 友人から、「外国旅行へ行った方から、本場の漢方薬をもらったんだけれど、みてくれる?」とよく相談されます。東アジアに旅行へ行かれたことがある方は、「漢方の専門医があなたにあった漢方薬を選んでくれます」「本場の漢方をお土産にいかがですか?」といううたい文句を一度は耳にされたことがあると思います。相談に持ち込まれる海外の漢方薬の多くは、中国語やハングル文字が並んでいるため、チンプンカンプンなわたしですが、幸いにも漢字や英語で表記されていることが多く助かっています。

 みなさんが「漢方」と呼んでいるものは、医療で使われている「漢方」とは、ちょっと意味が違っているかもしれないので、簡単に説明しておきたいと思います。

 確かに日本の伝統医学は、中国から朝鮮半島を渡って日本に伝わったものがもとになっています。当時の中国は「漢」と呼ばれ、漢の国から伝わってきた学問を「漢学」、医学を「漢方」と呼んでいたのだと考えられています。その後ヨーロッパからも医学が伝わり、これを「蘭学」と呼ぶのに対し、日本で行われていた医学を「漢方」と呼ぶようになったようです。

 明治維新以後はドイツ医学を日本の医学の基礎にし、近代国家の発展に寄与してきました。

 そして、民間医療として行われてきた治療法や、それに使われていたドクダミ茶や熊の胃など、地域で伝承されていたものも「漢方」と呼び、アジアで行われている同じような生薬(薬草や鉱物など)を使った各国の伝統医学も「漢方」と呼ぶようになったため、だんだんと混乱が生じ始めてしまったんです。場合によってはアフリカや南アメリカの伝統医学に対しても使われる場合もあります。

 つまり、かなり広い意味で「漢方」という言葉が、一般には使われているんだということですよね。

中国、韓国の医学を「漢方」と呼ばない?

 では、医学界では、どのように区別されているかというと、ご覧の表のようになっています。この表はアジアの国々が行っている伝統医学をまとめたものです。日本の伝統医学は「漢方医学」と呼ばれ、医学論文などでも Kampo medicine と表記されています。日本伝統医学で治療に用いる薬が漢方薬です。

 お隣の中国の伝統医学は「中医学」、韓国の伝統医学は「韓医学」で、実は「漢方」とは呼びません。

 がん医療では、安心と安全性を大切にしますので、あまり出所がわからないものを安易に治療へ使うことはできません。このブログで取り上げる漢方は、世界各地の伝統医学を指すのではなく、日本伝統医学である漢方医学を西洋医学とともに用い、漢方薬を使って治療をするものです。


東アジア各国の伝統医学と薬
医学 英語表記 英語表記
日本 漢方医学 Kampo Medicine 漢方薬 Kampo Medicines
中国 中医学 TCM ; Traditional Chinese Medicine 中薬 TCM ; Traditional Chinese Medicine
韓国 韓医学 TKM ; Traditional Korean Medicine 韓薬 TKM ; Traditional Korean Medicine

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いまづ医師の漢方ブログ_顔120

今津嘉宏(いまづ よしひろ)

芝大門いまづクリニック(東京都港区)院長

藤田保健衛生大学医学部卒業後に慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。国立霞ヶ浦病院外科、東京都済生会中央病院外科、慶應義塾大学医学部漢方医学センター等を経て現職。

日本がん治療認定機構認定医・暫定教育医、日本外科学会専門医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログの一覧を見る

6件 のコメント

日本で漢方の発展は難しい?!

ももくり

私は指圧マッサージの仕事をしております。 以前、勤めていた治療院の院長がこんな事を言っていました。 『漢方は東洋医学になるけど、それを学ぶのは鍼...

私は指圧マッサージの仕事をしております。

以前、勤めていた治療院の院長がこんな事を言っていました。

『漢方は東洋医学になるけど、それを学ぶのは鍼灸マッサージ師で、でも薬剤師ではないので

たとえ学んでも患者さんに漢方薬を出すわけにはいかないし、その薬剤師さん達はほとんどが

西洋薬を学ぶので、この矛盾がある限り日本で漢方が発展していくのは難しいんじゃないかなぁ』

と言っていました。

知り合いの薬剤師さんも(10年以上前になるので現在は分かりませんが)、

国家試験の時、漢方の問題は10問しか出ないのに難しいので、初めからこの10問は捨てて

他の勉強に力を入れたと言っていました。



それでも、処方箋を書くのは医師である先生方なので

今津先生のような方がもっともっと増えてほしいなぁと思う一人です。

つづきを読む

違反報告

そういえば・・・

ぷかぷか

十数年前に香港に行ったとき 我が御一行様は、あるツアーコースで、漢方薬のお店で軟禁状態?されました 旅行先では誰もが、金銭感覚が太っ腹になってし...

十数年前に香港に行ったとき

我が御一行様は、あるツアーコースで、漢方薬のお店で軟禁状態?されました

旅行先では誰もが、金銭感覚が太っ腹になってしまう錯覚におちいりますが・・・

ここでは、男性が元気になるものばかりを取りそろえ、しかも、日本円で数万円もするものばかり!

一部の男性に犠牲になって貰い、解放されました

漢方薬は中国のものと思っていましたが

日本人である私達は、昔から、この日本の風土から生まれ育ったのですから、日本古来のものを利用していくべきと

中国や韓国との言葉は違っても、生姜や大蒜等



そう言えば、小さな時、医師にかかっても、薬を飲んでもいっこうに熱が下がらない我が身を案じた母がミミズの煎じ薬を買ってきてくれたそうな

飲んだ本人は、もちろん味など覚えていません

煎じてくれた母は気持ち悪かったと・・

煎じ薬が効いたのか、何が良かったのかわかりませんでしたが、そのあとようやく熱がひきました


つづきを読む

違反報告

情報は一冊ではなく分散している傾向

種子種字

渡来した薬は高価ですから、そんな歴史もあるのではないでしょうか。 万人に行き渡らせる工夫として規格化みたいにすれば、多少の方言があっても何々に効...

渡来した薬は高価ですから、そんな歴史もあるのではないでしょうか。



万人に行き渡らせる工夫として規格化みたいにすれば、多少の方言があっても何々に効くからといったことで共通するからよかったのかもしれません。



共通語に統一するために、唱歌などで言語統一してきた日本と言われていますが、学校教育が始まってからの事です。まだまだ歴史が新しいということもあるのでしょう。



情報になる文字自体をもって帰ってきても翻訳に相当くろうしたみたいですから、日本流の発展をしてきたのかもしれないです。



鮪と書いて中国では鯨でしたっけ?

物とその説明の情報と土地柄、衣食住、文化、人の遺伝子など複雑にからんでます。

アスリートでもトップクラスなら効く薬も一般の人では役にたたないとか。いろいろです。



医食同源の歴史を顧みるとわかってくるとは思いますし、情報がどう伝わったかでも違います。

文章で伝わっても書き換え削除など入っているかなど。語り継ぎ、都市伝説でもまた違います。

日本でも地方独特の薬を自家使用でつくっているところもあります。カボチャの軟膏とか。



西洋といわれる場所でも原住民と言われる方々は薬草や動物の内臓などを利用しています。

魚は全部利用すれば栄養素をとれるけど、肉だけ利用していては栄養が偏ってサバイバーになれないと言われています。海洋サバイバーの人は普段食べないものを食べて生き延びた事例もあります。



いざとなれば脂肪がなくなった時、脳は筋肉を利用して生き延びろと指令をだします。自分自身も生薬扱いにする人体の機能ってすごいです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事