文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

ボジョレー・ヌーヴォーの味わいと漢方薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 しっかりとした土壌から大地の恵みを吸い上げ、太陽の恩恵を一身に受け、昼と夜の温度差により濃厚な味わいを強くする葡萄の新鮮な風味を瓶にしっかりと詰め込んだボジョレー・ヌーヴォーを愛する日本人も多いと思います。

 「もう、ボジョレー飲んだ?」「今年の出来は、どうなの?」と季節の挨拶代わりに交わされるフランス東南部ボジョレー地方で作られるワイン。11月になると解禁され、日本ではお祭り騒ぎになりますね。自然の恵みは、すべての生きものへ受け継がれていきます。その年の天候に左右されるため、毎年、味わいや香りの違いを楽しみながら、愛する人、家族、友人と一緒に楽しい時間を過ごすことは、たとえ病気になっても大切にしたいひとときとなるはずです。

 漢方薬の原材料である草花も同じように、自然の力で育ち、実を結び、様々な成分を含んだ貴重な生薬(漢方薬の原材料)となります。しかし、「去年の漢方薬は、よく効いたなぁ」「今年は不作の年だったから、今年の漢方薬では治らないかもしれない」といった、年による漢方薬の品質の違いがあったとしたら、すこし怖いですね。たぶん、昔は、産地や管理方法などの差によって、漢方薬の品質管理はかなり異なっていたと思います。

 それでは、現在はどうでしょうか?

 日本で作られている医療用漢方薬は、日本の法律にもとづいて作られています(漢方薬と言っても医療用漢方薬と一般用漢方薬がありますので充分にご注意ください。ここでは医師から処方される医療用漢方薬について説明しています)。このため、「今年の漢方薬は、去年の漢方薬よりも、同じ量で何倍にも効果があります」「北海道で使っている漢方薬と沖縄で使っているものは、同じ名前でも、内容は違います」といったことは、医療用漢方薬の場合は、ありません。

 そこはボジョレーの出来が毎年話題になるのと違って、「今年の漢方薬は特に芳醇な大地の味わいがして、効き目も格別だ」なんてことはないのです。安心してご利用ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いまづ医師の漢方ブログ_顔120

今津嘉宏(いまづ よしひろ)

芝大門いまづクリニック(東京都港区)院長

藤田保健衛生大学医学部卒業後に慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。国立霞ヶ浦病院外科、東京都済生会中央病院外科、慶應義塾大学医学部漢方医学センター等を経て現職。

日本がん治療認定機構認定医・暫定教育医、日本外科学会専門医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログの一覧を見る

3件 のコメント

市販されている漢方薬は?

さだ

市販されている漢方薬は、医療用と違って年ごとに有効成分が違うのですか?

市販されている漢方薬は、医療用と違って年ごとに有効成分が違うのですか?

違反報告

処方箋

結構便利してます

そう感じます。高級品の漢方もいいけど、煮出したり。それが自分では不安定に作れてしまう。作っているとき時間が急になくなったり。ひとり住まいだとなお...

そう感じます。
高級品の漢方もいいけど、煮出したり。
それが自分では不安定に作れてしまう。
作っているとき時間が急になくなったり。
ひとり住まいだとなおさら感じます。

処方箋のなら安定しているし、なにより記録が残っているので、なんかあれば相手から連絡ということもあるでしょう。
もらう時は薬剤師と二人で確認できるからいい。
梱包になってないから実物で確認できますね。

お薬手帳がものをいう処方箋は実に便利なものです。

つづきを読む

違反報告

ボジョレーありがとう!

これでいいのだ

最近ボジョレーをボージョレと表記するメデイアがあります。確かにフランス語の字面をフランス語を知っている日本人が読めばボージョレと思うし日本の仏和...

最近ボジョレーをボージョレと表記するメデイアがあります。確かにフランス語の字面をフランス語を知っている日本人が読めばボージョレと思うし日本の仏和辞典にもボージョレと書かれています。実は日本の仏和も和仏も間違いが多いのです。フランス人に確かめたら「私たちは絶対にボージョレヌーボーとは言いません。ボジョレーです。」時にはボジョレとも聞こえますがボージョレではありません。北海道をホクカイドウと外人が発音するようなものです。フランスに語学留学していた折、先生が仏作文のとき日本の和仏は使用禁止でした。実際和仏の例文をそのまま引用したら「フランス語ではそんな表現はありません。」と言われることが多くあった。あきれたものなのです。しっかりしろ日本のメデイア諸君!

さてフランスではボジョレーはとてもお安くのめます。しかし日本で売られているものの方が味も品質も良いようんい思います。日本産のワインにはとてもワインとは思えないものがおおいので注意です。それとボジョレーは少し冷やしすぎでも頂けるのでワインセラーが普及していない日本向きです。ワインは温度が少しでも適温からずれると美味しくありませんから。とわ言え美味しいワインをいただけるお店もたくさんあります。ワインセラーの無いお宅は是非セラーを設置しているバーやレストランで頂いてください。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事