文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

歩行器は目の届く所で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 赤ちゃんに歩行器を使わせる家庭は今も多い。かつて流行したが、親がいっとき子どもから手を離せることから、根強い需要があるようだ。一方、転倒や転落などの事故も相次いでおり、専門家は「親がいる所で使い、長時間の利用は避けて」と呼びかけている。

人気再燃 事故相次ぐ

メロディーが流れたりキャラクターのイラストがあしらわれたり、様々な歩行器がある。「保護者のいる所で使って下さい」と売り場担当者(「ベビーザらス錦糸町店」で)

 歩行器は、歩き始めの赤ちゃんに使う車輪付きの育児用品。中で立たせて歩行を補助する。

 東京都練馬区の主婦(56)は9月から、近くに住む孫(1)のため、歩行器を3か月間レンタルした。孫はつかまり立ちを始めた生後8か月から自宅で使っており、祖母宅でも使えるようにしたという。「大人はちょっと赤ちゃんから手を離せる。娘も家事が忙しい時やトイレに行く時などに重宝しているようです。短期間しか使わないので、私の家ではレンタルにしました」

 保育ママとして乳幼児を預かる東京都内の女性(56)も、歩行器をしばしば使う。現在預かっている2歳児と9か月児2人を遊ばせる際、双方に危険がないよう、生後9か月の赤ちゃんを歩行器に入れるという。

 1歳前後の赤ちゃんは、つかまり立ちや伝え歩きをしながら歩く練習をするが、足元がおぼつかなく、転んだりぶつかったりして目が離せない。歩行器を使うことで親は少しの間、手を離すことができる。

 ベビー用品のレンタルを手がける愛育ベビー(埼玉県和光市)では毎月100台前後の貸し出しがあり、「5、6年前に比べて6割増」という。同じくレンタル業のホクソンベビー(同川口市)も、同じ頃に貸し出し依頼が急増し、品ぞろえを増やした。テーブル部分に知育玩具が付くなど、商品の印象が変わり人気が上がったという。

 歩行器は、1970年代に流行したが、長時間入れたままにすると歩いたり転んだりする練習が不十分になり、赤ちゃんの発達に支障を来すといった負の面が注目され、人気が薄れた。都内の育児用品メーカー担当者は「この10年から20年で、商品数も取扱量も減った」と言う。ただ、割安で不要になったら返却できるレンタルは、根強い需要があるようだ。

 歩行器による転落・転倒事故も相次いでいる。

 消費者庁は10月、子育て中の親などに配信する「子ども安全メール」で、歩行器の事故について注意を促した。2010年12月~12年9月に、玄関の段差から落ちる、階段から落ちるなどして顔や頭の打撲、挫傷、擦過傷を負うなど、医療機関を通じて16件の事故情報が寄せられたという。頭部を骨折した事例も3件あった。

 こどもの城小児保健クリニック医師の村田光範さんは「1人で子育てしなければならない親が多く、歩行器の使用も仕方がない」としつつも、「歩行器に入ると下半身が固定された状態になり、転倒・転落すれば頭から落ちてしまい、非常に危険。大人の目が届く範囲で使用して」とアドバイスしている。

歩行器の使用のポイント
・大人の目が届く範囲で、一緒に遊ぶ道具として使う
・しっかりお座りができるようになってから使う
・長時間入れたままにしない
・歩くのが上手になったら卒業する
(こどもの城小児保健部保健師の宮沢純子さんと村田光範医師のアドバイスから)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事