文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント 乙葉(おとは)さん 31

一病息災

[タレント 乙葉さん]ぜんそく(1)8歳 夜中に発熱、せき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大学1年生で芸能界デビューした。今は、子育てをしながら、テレビ番組やCMなどで活躍し、お茶の間に笑顔を振りまいている。
だが、子どもの頃からぜんそくとのつらい闘病生活も経験してきた。

 最初に症状が出たのは、8歳の頃。夜中に発熱し、せきが止まらなくなった。

 「呼吸ができないくらい苦しくて、母が一晩中、背中をさすってくれました」

 翌朝、医療機関に行くとぜんそくと診断された。気道が炎症を起こして狭くなり、空気が通りにくくなる病気だ。発作を起こした日は、習い事からの帰り道、コスモス畑に寄り道した。花粉を吸い込み、それが引き金となって発作を起こした可能性が考えられた。

 学校を休み、発作を抑える治療を受けた。症状は治まったが、その後、季節の変わり目や風邪を引いた時などに、たびたび発作を起こすようになった。空ぜきが止まらなくなり、気管の辺りがむずがゆい感じがした。

 体育の時間もつらかった。授業は、なるべく休まずに受けたが、長距離を走る時は途中から息苦しくなり、ぜいぜいと呼吸した。

 「大げさに苦しんでいると思われないか、周りの目が気になりました」。吸える息の量も減っていくように感じた。いつしか「この病気とずっと付き合っていくしかない」と思うようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント 乙葉(おとは)さん 31

最新記事