文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

日野原重明の100歳からの人生

介護・シニア

フェイスブックでお会いしましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 私は10月4日で満101歳を迎えました。100歳を越しても、医師としてだけでなく、「新老人の会」の活動や、また未来の平和をつくる小学生の子どもたちに「いのちの授業」を行っています。

 「新老人の会」は12年前に発足しました。75歳以上の元気なシニア会員だけでなく、60歳以上のジュニア会員、更に20歳以上のサポート会員のために、毎週一回は全国にある42の「新老人の会」地方支部に出かけていって、講演と音楽の大集会をもっています。会員は現在1万2000名を越えたところです。

 (1)愛し愛されること

 (2)創(はじ)めること

 (3)耐えること

 以上の3つをスローガンとし、「子どもたちへ平和と愛の大切さを伝えること」をミッションとして活動しています。

 しかし、現在の1万2000名余の会員数をもっと増やして、「新老人の会」のスローガンとミッションを大きな国民運動としたいと思って考えたのが、フェイスブックを通して会員を増やそうという作戦です。

 私が全国各地で講演するとき、その地方の人たちは大勢集まってこられますが、もっと全国的に私たちの思想を伝えるためには、「フェイスブック新老人の会」を活用することだと気づき、2か月前からは毎朝フェイスブックを通じて私のその日の行動を詳しく発信しています。

 ところで、これを受けられるのはどうしても平素i‐Padを使っている20~40歳代の人たちということになるのでしょうが、その人たちは毎日のように私と接することができるというわけです。

 「みなさん、おはようございます。日野原重明です。今日は次のスローガンで一日を精一杯お送りください」

 「みなさん、生きがいをもって今日を始めてください。生きがいとは自分の人生の役割を見出すこと」

 そのような私の呼びかけに、もっとみなさんは前に向かって歩む自分を発見するでしょう。

 この「ヨミドク」で私の原稿を読んでくださっているお仲間たちにもぜひ、私のフェイスブックを毎朝開いて、今日の日をスタートさせてください。


「新老人の会」のフェイスブックはこちら
 http://www.facebook.com/shinrojin

「新老人の会」のホームページはこちら
 http://www.shinrojin.com/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

日野原重明ブログ_顔120_120

日野原重明(ひのはら・しげあき)

誕生日:
1911年10月4日
聖路加国際病院名誉院長
詳しいプロフィルはこちら

日野原さんが監修する「健康ダイヤルweb」はこちら

日野原重明の100歳からの人生の一覧を見る

最新記事