文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

慢性腎臓病の疑いあり…生活上の注意点は

 人間ドック結果で「慢性腎臓病(CKD)の疑いあり」と言われました。eGFR(推算糸球体濾過量)は59.3、クレアチニンは0.98、血糖値は101でした。人工透析が心配です。進行しないようにするには食生活をいかにすべきでしょうか。数値がいくらになったら透析になるのでしょうか。(67歳男性)

透析の危険は合併症がなければ少ない。ただし体重管理・減塩・禁煙を

渡辺毅・福島県立医大病院 腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科教授(福島市)

 慢性腎臓病(CKD)の定義は、(1)腎機能をeGFR(推算糸球体濾過量)で表せば60(ml/分/体表面積1.73平方メートル)未満、(2)尿蛋白陽性または尿中アルブミン排泄量が異常(30mg/dl以上)のいずれか、または両方が3か月以上続くこととされています。したがって、1回の検査でeGFRが59.3の場合は、3か月以上たって再検査をしないとCKDとは診断できないので、「疑いあり」とされたのです。

 CKDは透析の要因であるだけでなく、脳卒中や虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)の原因にもなるとされています。ただし、eGFRが低ければ低いほど、尿蛋白または尿中アルブミン排泄量が多いほど、透析、脳卒中や虚血性心疾患の危険性は高く、また両方が重なるとさらに高くなるとされています。また、糖尿病、高血圧、喫煙、高尿酸血症、肥満(メタボ)などの合併症があるとeGFRの低下速度が速く、透析、脳卒中や虚血性心疾患の危険性も高くなります。

 ご質問の方のeGFRが59.3は、3か月後に60未満なら一応CKDと診断される値です(値が変動して、改善することも稀ではありません)。しかし、尿蛋白陽性または尿中アルブミン排泄量の異常、糖尿病、高血圧、喫煙などの要因がなければ、危険度はそれ程高くありません。

 透析は、通常はeGFRが15未満となると導入の可能性が出てきます。したがって、90歳までに15未満に達するには、1年にeGFRが4以上の低下がない限り、透析はあまり心配はいらないと思います。ちなみに日本人の平均的な加齢による腎機能低下は、1年にeGFRが約0.5ですので、これなら透析は90年後という計算になります。

 一方、糖尿病、高血圧、喫煙、高尿酸血症、肥満(メタボ)などの合併症があれば、腎機能低下はずっと早くなります。それらの治療のために、生活面では、体重管理、減塩、禁煙、動物性脂肪の制限、節酒などの注意が必要ですが、薬物治療が必要な場合もあります。また、尿蛋白陽性または尿中アルブミン排泄量の異常があれば、一般的に薬物治療が必要です。これらの場合は、素人判断はしないで、医療機関に受診して、生活指導や薬物の処方を受けた方が無難です。(日本専門医制評価・認定機構協力)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。