文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

不妊のこころ

からだコラム

[不妊のこころ]「2人目まだ?攻撃」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 不妊治療でお子さんを授かったある女性は、出産後に近所の人にこう言われ、がくぜんとしたそうです。

 「かわいいお子さんねえ。で、2人目はまだなの?」

 彼女はこれまで、さんざん「子どもはまだ?攻撃」に苦しめられてきました。大変な不妊治療を経て、出産し、ようやく、もう子どものことは言われないだろうと思っていたのに、「2人目はまだ?攻撃」が待っていたなんて! 今度はこのプレッシャーと闘わないといけないのでしょうか。

 本当に余計なお世話ですよね。お子さんがまだいらっしゃらない不妊の人からは「1人いるからいいじゃない」と言われ、きょうだいがいる人からは「きょうだいがいないとかわいそうよ」「一人っ子はわがままに育つから……」と、しきりに2人目の子どもを持つことを勧められるのです。

 不妊治療でお子さんを授かったご夫婦にとって、2人目のお子さんを考えることは、またあのつらい治療の日々を繰り返さなければならないのかと、その道のりの長さを思い途方に暮れるかもしれません。

 また、あまり知られていませんが、1人目は自然妊娠でも、2人目が授からないというご夫婦もいらっしゃいます。

 「2人目不妊」の方の居場所は本当にありません。どこにも属することができない、よるべない孤独感が彼女たちを襲います。

 お子さんがいるご夫婦でも不妊で悩んでいる可能性があるのです。このような「見えない不妊」の存在も知ってほしいと思います。(平山史朗・東京HARTクリニック生殖心理カウンセラー=東京・南青山)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

karada_400b

 
 

からだコラムの一覧を見る

不妊のこころ

最新記事