文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

小川恵子の漢方で健康生活

yomiDr.記事アーカイブ

糖尿病と漢方と糖質制限食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

糖尿病とは?

 糖尿病の日本国内の患者数は、高齢化が進んだためでもあるのですが、この40年間で約3万人から700万人程度にまで、実に230倍増加しています。糖尿病予備軍すなわち境界型糖尿病を含めると2000万人に及ぶとも言われています。糖尿病にはいくつか種類がありますが、生活習慣などが原因となって起こる、最も頻度の高い(日本では95%以上)タイプは2型糖尿病です。2型糖尿病には、インスリン分泌量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞のインスリン感受性が低いために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがあります。

 糖尿病ははじめのうち、特に自覚症状がないので、検査で血糖値が高く、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多いようです。しかし、糖尿病を放置すると、以下のような合併症が起こってきます。

 糖尿病神経障害は、合併症の中で最も早く出てきます。四肢末端の感覚が鈍くなって、けがをしても気づかなかったり、筋肉が萎縮したり、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害症状が表れたりします。糖尿病網膜症とは、目の底にある網膜という部分の血管が、血糖値が高い状態が続くことによって傷つき、出血したりして視力が弱まり、場合によっては失明することもあります。糖尿病腎症は、腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、腎不全(前回慢性腎不全参照)になります。すると人工透析になってしまいます。人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。

糖尿病と漢方医学

 漢方医学でも、糖尿病は「消渇(しょうかつ)」という、口が渇いて多飲・多尿で尿が多く、糖が出て痩せてしまう病気として捉えられてきました。現代医学と同様に、その第一は養生、つまり、食事・運動療法です。糖尿病の合併症にはしばしば漢方薬が用いられています。特に、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)は糖尿病神経障害を改善することが知られています。また、糖尿病患者さんは腸管の動きも悪くなるので、便秘傾向がありますが、これを改善することが血糖値を改善することもわかっています。そこで、漢方薬では、便をうるおわせ、腸管の動きを良くする麻子仁丸(ましにんがん)などが使われています。

糖質制限食

 糖尿病の発症には、加齢や遺伝以外に食習慣や運動習慣が大きく影響することが以前より指摘されています。それでは、どのような食生活をしたらよいのでしょうか?

 食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%、タンパク質は50%、脂質は10%弱が血糖に変わります。また、糖質は摂取直後から血糖値を急激に上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。一方、タンパク質の血糖値上昇のピークは食後約3時間で、脂質は消化・吸収に丸一日かかることもあります。ですから、糖質をある程度制限することが一番早く食後高血糖を改善するわけです。糖質とは米飯、パン、めん類や芋類などの炭水化物のことです。糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということなのです。もちろん、ある程度のカロリー制限は必要ですが、男性なら1600~2000キロカロリー、女性なら1200~1600キロカロリーくらいにおさまります。糖質制限食開始当初にだいたいのカロリーを計算しておけば大きくオーバーすることはないでしょう。また、糖質制限食により血糖値は低下しますので、経口血糖降下剤の内服やインスリン注射をしている患者さんは低血糖の心配がありますので必ず主治医と相談してください。

 ご飯中心の食事がなかなかやめられないという場合は、消化機能を司(つかさど)る脾胃(ひい)を補うような六君子湯(りっくんしとう)や人参湯(にんじんとう)などで胃腸の調子を整え、タンパク質や脂質をしっかり取ることが結果的に筋力低下を防ぎ、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防します。

 糖尿病には、養生が重要です。その一例として、糖質制限食についてお話ししました。ご自分に合った養生をして、西洋医学的治療をし、漢方の助けも借りながら糖尿病の進行を抑えましょう。また、予備軍の方々も、漢方の補助により養生を実行しやすくなるかもしれません。自分の体をよく知り、いたわりましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

漢方ブログ_小川恵子87

小川恵子(おがわ けいこ)

愛知県名古屋市生まれ

金沢大学附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科 和漢診療外来 特任准教授

小川恵子の漢方で健康生活の一覧を見る

2件 のコメント

具体的な糖質制限食の内容

GreenMonster

糖質制限食は、認められてきました。 但し、極端な糖質制限は、不調をもたらす様子です。 従来の食事から糖質制限を行うと、脂質の摂取が増えます。 脂...

糖質制限食は、認められてきました。

但し、極端な糖質制限は、不調をもたらす様子です。

従来の食事から糖質制限を行うと、脂質の摂取が増えます。



脂質が増えると悪影響も考えらので、糖質制限したカロリーを単純に脂質で補うと大変な事になりそうです。



今回の記事は、そんな危険な点を何も触れず単なる食後血糖値の上昇が抑えられると言う利点だけ言っているので素人が真似したら危険です。

つづきを読む

違反報告

ストレスによる胃酸分泌と糖尿病

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

専門医ではありませんが、内科によく定期の内服を取りに来られます。高脂質血症にしても、糖尿病にしても、いわゆる病気によるものではなく、暴飲暴食の賜...

専門医ではありませんが、内科によく定期の内服を取りに来られます。

高脂質血症にしても、糖尿病にしても、いわゆる病気によるものではなく、暴飲暴食の賜物の方が多いような印象です。

話を聞いていると、ストレスによる胃酸分泌がスタート地点の人もいそうな感じです。

食事の種類や栄養素もそうですが、トータルの量のコントロールは大前提なわけで、我々もアプローチを考えないといけないですね。

ケアするの病気ではなく人間と言う観点に立たないと・・・・て大学の時の先生が言ってました。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事