文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

精神科面接を問う(1)患者への暴言 後絶たず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
   患者の話をよく聞き、回復に導く精神科面接(支持的精神療法)の質の低さが問題視されている。  今春、札幌市で開かれた日本精神神経学会学術総会のシンポジウムでも議論された。司会を務めたフジ虎ノ門整形外科病院(静岡県御殿場市)の精神科医、斉尾武郎さんは指摘する。  「マニュアル化された診断基準の普及で、医師は患者の症状の背景にある環境的要因に目を向けなくなった。今の精神医療はマニュアル片手の『料理…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。
一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事