文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

白玉や団子 子どもに注意、窒息事故相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 1~2歳の子どもが白玉を喉に詰まらせて死亡する事故が、今年に入って東京都、栃木県内の保育所で相次いだ。食品の窒息事故については家庭でも注意が必要だ。専門家は「子どもの発達に合わせて、細かく切るなどの工夫を」とアドバイスしている。

小さく切って/「よくかむ」促そう

 今年7月、栃木県栃木市の保育所で2歳の園児が白玉を喉に詰まらせ、約1か月後に死亡する事故があった。同市は保育所の献立の見直しをしているという。また東京都あきる野市の保育所でも今年2月に白玉を詰まらせて1歳児が死亡しており、8月になって東京都に報告があった。

 窒息事故に詳しい昭和大歯学部教授の向井美恵(よしはる)さんは、「1、2歳は好奇心も旺盛で、手づかみして食べたい頃。ただ、奥歯はまだ生え始め。かみ合わせが不十分なので、団子などは丸のみする恐れがある」と指摘する。

 このため、餅や白玉、ナッツ類、かみ切りにくいキノコ類などは、奥歯の生えそろう3歳をめどに与え始める方がいいという。コンニャク入りゼリーやミニトマト、ウズラの卵、ブドウなども、ふとした拍子にのみ込んでしまう恐れがある。6、7歳頃の前歯が生え替わる時期も、うまくかみちぎることができないため、気をつけたい。

 こどもの城(東京)小児保健部の管理栄養士、太田百合子さんは、「かむ力やかみ方には個人差があります。年齢だけで判断せず、食事のときの口の動きをよく見てみましょう」とアドバイスする。

 「3歳以降でも、調理に工夫をし、しっかり見守りながら、様々な食事を体験させてほしい。危ないから食べさせない、ということでは食の幅は広がりません」と話す。

 秋のお月見団子など、白玉は行事食として楽しむことも多いもの。白玉を手作りする場合は、水の代わりに豆腐を加えるアイデアを紹介する。粘りが少なく、歯切れが良くなるという。また、丸ごとのみ込んで喉に詰まりそうな一口サイズの食べ物は、細長く切る、小さく切るなどの配慮をする。

 横浜市の小児科医、山中龍宏さんは、「食事の際の行儀も大事。寝ころんだり、食べ物を放り投げて口に入れたりしないように大人が見守り、きちんと座って、よくかんで食べるよう促そう」と話す。

 東京消防庁によると、2007~11年に、食べ物を詰まらせたり異物を誤飲したりして救急搬送された0~5歳児は計5739人。食品を詰まらせたケースが最も多く857人だった。

 日本赤十字社東京都支部によると、万一、食品が喉に詰まったときは、まずせきをさせてみる。出てこなければ119番通報するとともに、子どもの背中をたたくなどして、詰まっているものをはき出させる=イラスト=。例えば、乳児の場合は、赤ちゃんのあごを片手で押さえながら、腕に赤ちゃんのおなかを乗せるようにして支え、もう一方の手で背中をたたく。幼児の場合は、ももに子どもを乗せて頭を低くし、背中をたたく方法などがある。(小坂佳子、内田淑子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事