文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療

yomiDr.記事アーカイブ

あなたがしてほしくないことは、私にもしないで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
米オレゴン州・ポートランドのナーシングホームにて。入所者のミリ-さんを囲んで(左から2人目)

 これまで私たちは、欧米豪の高齢者介護施設を紹介しながら、日本の高齢者終末期医療の問題点を指摘してきました。わが国では、家族や医療者の判断で経管栄養などの医療行為が行われています。しかし、当の本人が満足しているかどうかは分かりません。なぜなら、本人は意思表示ができないからです。終末期医療の選択においては、家族も医療者も悩みます。選択した後でも、これでよかったのかと後悔の念に苛まれることがあります。

 このような現実を考えると、本人、家族、医療者の誰もが納得する終末期医療を行うためには、リビング•ウイルや事前指示書を書いておくしかないように思います。しかし、これら書類のことを知っている人はごくわずかです。しかも法的に認められたものでもありません。

「患者を見殺しに」

 高齢者の終末期医療は、いろいろな問題を含んでいます。1分1秒でも延命させることが使命だと思っている医療者もいます。そのため家族が自然な看取りを希望すると、退院を迫られることがあります。また、ある介護施設の看護師は、自然な看取りの経験を発表した時に、会場の医師から「結局、あなたがしたことは、患者を見殺しにしたに過ぎない」と非難されました。

 たとえ植物状態であっても生きている意味があると考える人たちには、自然な看取りは殺人行為にみえるでしょう。訴えられる可能性もあります。

 急性期病院では、在院日数を短くするために、胃ろうを造って退院させざるをえない事情もあります。親の年金をたよりに生活しているため、少しでも長く親に生きていてほしいと思う人がいるのも事実です。

Aさんが残した言葉

 最後に、92歳のAさんの話をしたいと思います。Aさんが何も食べられなくなったので、娘さんにいくつかの治療の選択肢を提案しました。そのとき、娘さんは「日ごろ母は、延命処置はしないでちょうだい。迷ったら、“あなたがしてほしくないことは私にもしないで”、と話していました」と言いました。この言葉は、今まさに求められている高齢者終末期医療のあり方を教示しているのではないでしょうか。(宮本顕二、礼子)

 ブログ「今こそ考えよう 高齢者の終末期医療」は今回が最終回です。ご愛読ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201206終末期ブログ_サブナビ

宮本顕二、宮本礼子

宮本顕二(みやもと けんじ)
1976年、北海道大学医学部医学科卒業
北海道大学大学院保健科学研究院機能回復学分野教授

宮本礼子(みやもと れいこ)
1979年旭川医科大学卒業
桜台江仁会病院(札幌市)認知症総合支援センター長

ブログは2人が交代しながら書いていきます。

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療の一覧を見る

23件 のコメント

コメントを書く

原点を考える、人はどこからきたのか

終わりなき人生

考えよう。まさにそうですけど。深く考えてもいけないし、浅すぎても。丁度良いところは難しいものです。丁度良いという観念もまた欲望ですね。あなたがし...

考えよう。まさにそうですけど。
深く考えてもいけないし、浅すぎても。
丁度良いところは難しいものです。
丁度良いという観念もまた欲望ですね。

あなたがしてほしくないことはしないで。
鏡に問いかけるみたいな感じです。
あなとと言われている本人は自分の事ですから。問いかけているほうが、あなたです。

こういう問答をしながら、前へ前へと進む事は大事な事だと思います。
自問自答とでもいうのでしょうか。

相手を憎む事は、自分の脳を使う事なので楽なようで苦しいけど、何故かそうしていると、今の自分の苦しさから逃れられますよね。
脳がひとつという事なので同時に二つは出来ない事を利用して苦難を乗り越えた先人達はすばらしいと思います。
何故、そういう事に気がついたのか尊敬に値します。

歳を経る毎に、その経験から気づきというものがそなわってくるのでしょう。
高名な方はさて死のうと床について寝るそうです。死という事に関心が無い。
相手を想う、それに尽きます。

観という事に翻弄された時、溺れている。
無心になれば何も起こらないとはよく言ったものです。色即是空という言葉に変換されていますけど、音写されている4文字。
大したものです。
これを聞いた事を覚えていて後に書に落として残した人類は。色、医療でいえば観でしょう。

つづきを読む

違反報告

残念です~

加木 久毛子

先週初めて出会ったサイトだったのですが、今回でこのシリーズが終了…とは残念の至りです。周囲を見回しますと、私自身も含めて高齢者ばかりが目につく昨...

先週初めて出会ったサイトだったのですが、今回でこのシリーズが終了…とは残念の至りです。
周囲を見回しますと、私自身も含めて高齢者ばかりが目につく昨今です。特に私達はシニア村に住んでいるので、それを実感することが多いのかもしれません。ここは、55歳以上の人達にしか居住が認められていない、総数1900余軒のゲイトコミュニテイーです。夫婦の場合でも共に55歳以上でなければなりません。1戸は2又は3ベッドルームの約40坪ほどで長屋形式の家もありますが、殆どは平屋の一軒家です。車社会ですからガレージ付きです。クラブハウスでは、色々なクラスがあり、また数多くの年中行事もありますので、老人村の中だけでも楽しく過ごせますが、隔離状態ではなく並みの街の中にあるので、病院は勿論、買い物他何をするにも便利です。
多分私達夫婦にとりましては、人生最後の我が家になるだろうと考えておりまして二人そろって元気な間はここにむ予定です。
私達自身と子ども達のためにリビングウイルと共に延命処置をしないことを希望している旨を州の定めに従い公的に登録もしております。
こちらは契約社会ですから、愛する子ども達が殺人犯にされることなく私たちの願いを適えてくれるためには法的な処置が必至なのです。この後は、認知症に冒されたり骨折で寝たきりになって子ども達に迷惑をかけない生活が最期までできて欲しいと切望しております。
今後老人介護をはじめ、老人関連の仕事が増え続けることでしょうが、私達がが子ども達を育てたように、愛され惜しまれて人生の最期を迎えたいものだと願っております。
敷地も広大でゆったりした町並みが日本には、例のない規模の老人村だと思います。
近くには老人村が独立した市になっている所もあります。宮本先生にはご夫妻で視察旅行にお来しになりませんか?

つづきを読む

違反報告

思想家・宗教家・・・・

寺田次郎 元関西医大放射線科

タイトルの言葉は孔子その他の思想家・宗教家が口にすることと同じですね。特に高齢者・終末期医療において、個人の価値観が治療方針を左右しうるわけで・...

タイトルの言葉は孔子その他の思想家・宗教家が口にすることと同じですね。

特に高齢者・終末期医療において、個人の価値観が治療方針を左右しうるわけで・・・・
何を持って「治療や人生のゴール」とするかが大きな問題になります。
これは高野先生の記事にも通じるところがあります。

本文中で引用されている看取りの発表の内容は分かりませんが、反論した医師は「自分の価値観」でのみ判断しているのだと思います。
それに反論しようと思えば、「それは価値観が違う」が良い返しでしょうか?

「見殺しにした」というのは、ある価値観でいえば真実です。
そんなに大きくない治療で大幅な病状・健康状態の改善が認められるならそうでしょう。
また、「改善が見込めなくても目に見える努力の証拠を残すことが善」という価値観であれば、やはりそう考えるのは自然です。

しかし、ある延命治療を望まない高齢者が望んだ自然死であるならば「見殺し」ではないと思います。

そういう根本的な発想の違いは、価値観・死生観に直結しており、答えは医学にはないかもしれません。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事