文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

12件 のコメント

ようやく自分の生活が出来る

シーチャン

 定年から18年、再就職の仕事が終わって2年が経つ。
 妻も仕事を止めて1年が経ち、時間を持て余すと思っていたが、良くしたもので昔の仲間を集めては出かけている。

 転居して庭掃除はなくなったが、フローリングの掃除が待っていた。掃除機だけではきれいにならないのでモップで水拭き。
 粗大ゴミ、濡れ落ち葉が、こんなに役に立つとは。

 仕事を持っている男がたまの休みの日に邪魔にされるのでしょう。
 普段いない人がいると、掃除の邪魔になる、休養のために寝転がっている…根性曲がりの嫁がそんな悪口を叩くのです。

 年金以外に収入のない私たちは、お金を稼がない代わりに家事の支出を少なくしている。男が作った食事だって結構評判がいい。
 重い物を持ったり高いとこへ登るのは危ないので止める。息子が来たときに頼む。

違反報告

現役時代に頑張ったご褒美の時間

徘徊カメラマン

60歳を前にして、周囲の先輩から「60歳で定年したら、働くことはやめて自分の趣味に人生の遺された時間を遣うことだね、家族から理解されるためには家事をシッカリ分担しあうことだよ」と教えを頂いた。実践して5年が経つ。
 若い頃から料理、掃除、洗濯は得意だったために(単身赴任時代に修得した)自宅にいるときは家事をこなします。フローリングのワックスがけは私の特技です。
ロールきゃべつ・ハンバーグ・山菜料理・イカ飯などは私の得意料理で、嫁いだ娘たちや孫達も楽しみにしている。
 かつては自分の都合で写真を撮り歩いていたものが、定年退職して以来天気予報や開花情報を元に被写体の都合に合わせて出かけられることを「幸せの独り占め」と言って楽しんでいます。
 女性の平均寿命は男性よりも約10年長寿と言われていますね、
定年退職という制度は家族を構えて子育てのために勤労に勤しんだ男性への時間のご褒美だと言えるでしょう。
 料理や掃除や洗濯は、心と体のストレッチと思って奥様と仲良く分け合って楽しむべきだと思いますよ。

違反報告

これでいいのか

デカ長

全くおかしい!!
人生60年から80年?になってしまった。
好きでなってしまった訳では無い。結果的に。
濡れ落ち葉に成たくないけれど、結果的にそうなってしまう。全く面白く無い。
今趣味のスポーツ・読書(文学全集)をしている。
週数日アルバイト(亭主元気で留守が良い)・週数日(自宅で読書・新聞・自治会・管理組合等)で結構忙しい毎日です。でも忙中有閑有り。そんな時皆様どう過ごしていますか?
妻いる時。同不在時いかがしょううか?
何なりと現状を連絡と言うか、報告して人生に同年代として共有化したいなお思っています。乞う情報。

違反報告

ようやく夫婦対等に

シーチャン

戌年の家内がこの4月でようやく仕事を辞めました。1年前まで私は家内の下で事務をしていました。
給料は1:3でしたから頭が上がりませんでした。(と、心の中で考えていただけです)私の年金を加算しても追いつきません。
それまで住んでいた戸建て住宅から、集合住宅に引っ越し、1年経ってようやく落ち着きました。住めば都です。

「粗大ゴミ」「濡れ落ち葉」「ワシも族」とは無縁の生活をしております。
夫婦それぞれに、気に入った趣味が見つかり、別々に楽しんでいます。
家内から「独りになったら困る」と言われ、料理教室にも通っています。家内が趣味の会に出かけると、私が夕飯を作って待っているのです。
家内のお客様が多いので、ささやかなお昼を作り皆さんに喜んでいただいています。
朝の掃除は、私が掃除機を掛け、家内はモップで拭きます。風呂掃除も大病した家内にはさせません。
二人とも車の運転ができますから、買い物にも不自由しません。

二人とも自由の身になったので、2泊3日の旅行に出かけることができます。それ以上長いと疲れますので、のんびりと楽しい日を過ごしています。

違反報告

女房は看護婦(今は看護士)

監獄

 現在63歳。まだ働いていますが、先が見えており、残り1年くらいです。

 50代のころ、人生の先達が、自分の身体が弱ったとき、頼りになるのは、女房。長生きしたかったら女房を大切に、と言っておりました。その先輩は腰の手術をされ、奥さんの介護が必要な生活を送っていたため、そういうものかと切実に感じました。

 そう言われ、その通り実行に移そうと思ってもなかなかできないのが現実。若いときの生活習慣(子供の教育は女房任せ、帰るのはいつも午前様)を徐々に修正してきたつもりですが、家内への若いときの悪い印象を払拭するには至らず、旅行等は同行しないと言い渡されています。

 仲間を作るか、自分ひとりで遊べるものを作るか、いずれにしても独りで生きていくしかありません。

違反報告

お昼ご飯は自分で用意すること

ようちゃん

お昼御飯の用意が無ければ妻は夕方までお出かけできるので自由時間が取れます。
パンでもうどんでもコンビニ弁当でも生きていけますから頑張って自炊してください。

お互いが自由時間を持てて楽しい老後が待っていますよ。
父親を見て思いましたね。時間が来るとテーブルに座り出て来るご飯を待っている。
先が長いのに座敷わらしですよ。

違反報告

さて、ほんとうだろうか?

かに

本当に、結婚したら自分のものという考え方が有ったのだろうか?
あったら、あえてわざわざそれを言葉にしないのではないか?
そうでありたいという思いが、言葉になったのではないか?

むしろ、女は、男に対して所有意識を持っていると思う。

違反報告

違和感あり

Takepon

単身赴任させられた夫がかわいそう。
単身赴任までさせられて家族のために頑張っている。

とは考えられないのでしょうか。

違反報告

妻と共通の趣味が持てれば理想的ですが。

フータ

 私は68歳、定年後3年がたちました。自らに言いきかせております。「濡れ落ち葉」だけにはにはなるまいと。
 要は、家庭で妻が必要とする夫になることです。自分で言うのも変ですが、几帳面な性格な方なので、家内の掃除、風呂掃除、気が向けば(?)食器洗い、ゴミ出し、その他雑事をこなすことにしています。

 そしてなにより大事なことは、趣味を持つことですね。
 私の場合は、たまの旅行は妻と共通ですが、自分だけの趣味を持つことができました。
 幸い、若いころからパソコンをいじっていましたので、十分役立たせてもらっています。
 
 そして、なんと言っても、「イクジイ」が楽しみですね。車で10分の所に3人、地方に2人、外国に1人の孫がいますが、手段を工夫して「イクジイ」を実行しています。外国在住の孫にはスカイプで連絡を取り合っています。
 最後に「ワシも族」は、私にとっては無縁です。妻は姉妹とまた友人と、時には一人で旅行を楽しんでいます。私は仕事柄現役中に日本全国ほとんどの地域に行ったことがありますので、今更という思いです。
 でも難題は妻が長期にわたって旅行にでるときです。しかし、食事の宅配や、保存食を利用したりして、一か月程度なら持ちこたえられるようになりました。
 食事については、妻の手料理がなによりで、感謝しています。

違反報告

自由になりたい

塞翁が馬

 定年後、二つ目の会社に在籍中、64歳。海外の仕事が多く、家族はその間自由気儘。帰国すると妻の親類宅への同行を期待される。
海外旅行も同行を求められるが、私は行きたくない。ご自由に行ってらしゃいと言いたいが、角が立つので、この次にしてと私だけ残る。家庭の事を含め、自由になりたい。自分のことは自分で・・・。家族はご自由に行動して頂いたら良いのだが・・・・。「ワシも族」など、とんでもない。私を自由にしてほしい。

違反報告

記事へ戻る