文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ミチコさんの人“性”塾

yomiDr.記事アーカイブ

男は「粗大ごみ」か、「濡れ落ち葉」か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 若い頃、「臍下三寸には人格はない」のこの言葉を聞いてショックを受けた覚えがあります。

 「釣った魚に餌はいらない」の言葉もショック!!

 えっ、男の人って、そんなふうに考えているんだと知ったときの愕然とした思いを今も覚えています。

 男は結婚した女に「自分の女」という唾をつけて、「妻」という囲いの中に置いてしまうと、もうあとは特別な餌はあげないよというわけです。

 恋愛や結婚に胸をときめかしていた若いわたしには、この言葉は、頭から冷や水を浴びせられたようなショックでした。

「女なんてつまらない。男として生きるのならひとりで生きていくべきよ。家族は必要ない」

 これは、三人の子を道連れに無理心中した専業主婦の妻が、単身赴任したままのモーレツ社員の夫に遺したメモです。夫婦として向き合うこともなく、家事、育児の役割に閉じ込められた「銃後の妻」の怨念が、この短い文面に封じ込められています。

 そして、もう一つ、メモの向こう側に身も心も会社にからめとられて家庭を失った「企業戦士」の孤独な背中が透けて見えるようです。

 こうして夫は、60歳・65歳まで企業戦士として勤め上げたとしても、定年がくると会社を否応なく辞めなくちゃならない。かれが80歳、90歳まで生きとして、この後の人生を彼は名刺なしで生きていかなければならない。樋口恵子さんが、そういった男たちを「粗大ゴミ」と命名したことがありましたっけ。

 そうそう、「濡れ落ち葉」という言葉もありましたっけ。なにかもの哀しい、惨めなイメージですね。

 その次に登場したのが「ワシも族」。妻の方は、公民館の市民講座や婦人会にでていったり、あるいはその他のお稽古ごとや奥さん同士で旅行にでかけたり・・・とか、いろいろなつながりがあります。楽しそうにいそいそと外出する妻をみて、夫が「ワシも行く」と奥さんの行くところをどこでもついていくので生まれた言葉です。

 さて、人生80年、90年時代の今、定年後を生きる男性はどんなことを思い、どんなふうに暮らしておいでなのでしょうか。ぜひ、お声をお寄せください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

高柳美知子さんブログ_顔87

高柳美知子(たかやなぎ・みちこ)

1931(昭和6)年、東京生まれ。中学・高校の国語教師などを経て、現在は“人間と性”教育研究所所長。

詳しいプロフィールはこちら

高柳さんへの質問や相談はこちらへ。

ミチコさんの人“性”塾の一覧を見る

12件 のコメント

ようやく自分の生活が出来る

シーチャン

 定年から18年、再就職の仕事が終わって2年が経つ。 妻も仕事を止めて1年が経ち、時間を持て余すと思っていたが、良くしたもので昔の仲間を集めては...

 定年から18年、再就職の仕事が終わって2年が経つ。
 妻も仕事を止めて1年が経ち、時間を持て余すと思っていたが、良くしたもので昔の仲間を集めては出かけている。

 転居して庭掃除はなくなったが、フローリングの掃除が待っていた。掃除機だけではきれいにならないのでモップで水拭き。
 粗大ゴミ、濡れ落ち葉が、こんなに役に立つとは。

 仕事を持っている男がたまの休みの日に邪魔にされるのでしょう。
 普段いない人がいると、掃除の邪魔になる、休養のために寝転がっている…根性曲がりの嫁がそんな悪口を叩くのです。

 年金以外に収入のない私たちは、お金を稼がない代わりに家事の支出を少なくしている。男が作った食事だって結構評判がいい。
 重い物を持ったり高いとこへ登るのは危ないので止める。息子が来たときに頼む。

つづきを読む

違反報告

現役時代に頑張ったご褒美の時間

徘徊カメラマン

60歳を前にして、周囲の先輩から「60歳で定年したら、働くことはやめて自分の趣味に人生の遺された時間を遣うことだね、家族から理解されるためには家...

60歳を前にして、周囲の先輩から「60歳で定年したら、働くことはやめて自分の趣味に人生の遺された時間を遣うことだね、家族から理解されるためには家事をシッカリ分担しあうことだよ」と教えを頂いた。実践して5年が経つ。
 若い頃から料理、掃除、洗濯は得意だったために(単身赴任時代に修得した)自宅にいるときは家事をこなします。フローリングのワックスがけは私の特技です。
ロールきゃべつ・ハンバーグ・山菜料理・イカ飯などは私の得意料理で、嫁いだ娘たちや孫達も楽しみにしている。
 かつては自分の都合で写真を撮り歩いていたものが、定年退職して以来天気予報や開花情報を元に被写体の都合に合わせて出かけられることを「幸せの独り占め」と言って楽しんでいます。
 女性の平均寿命は男性よりも約10年長寿と言われていますね、
定年退職という制度は家族を構えて子育てのために勤労に勤しんだ男性への時間のご褒美だと言えるでしょう。
 料理や掃除や洗濯は、心と体のストレッチと思って奥様と仲良く分け合って楽しむべきだと思いますよ。

つづきを読む

違反報告

これでいいのか

デカ長

全くおかしい!!人生60年から80年?になってしまった。好きでなってしまった訳では無い。結果的に。濡れ落ち葉に成たくないけれど、結果的にそうなっ...

全くおかしい!!
人生60年から80年?になってしまった。
好きでなってしまった訳では無い。結果的に。
濡れ落ち葉に成たくないけれど、結果的にそうなってしまう。全く面白く無い。
今趣味のスポーツ・読書(文学全集)をしている。
週数日アルバイト(亭主元気で留守が良い)・週数日(自宅で読書・新聞・自治会・管理組合等)で結構忙しい毎日です。でも忙中有閑有り。そんな時皆様どう過ごしていますか?
妻いる時。同不在時いかがしょううか?
何なりと現状を連絡と言うか、報告して人生に同年代として共有化したいなお思っています。乞う情報。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事