文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

妊娠・育児・性の悩み

包茎手術の罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 前回のブログで、次回も「オリンピックとオトコとオンナ」を続けると予告をしましたが、夏休み中にどうしても伝えたいテーマがあるので変更します。それは「包茎」です。「オトコとオンナ」については、改めて書きたいと考えています。

 私はかつて勤務していた病院で、毎年この時期(8月)と、春(3月)に、ちょくちょく包茎手術をしていました。

 包茎手術のベストシーズンはありませんが、春休みと夏休み期間中は、学生さんの包茎手術希望者が多かったのです。「一発、この夏でデビューしてやるぜっ!」と鼻息荒く病院を訪れる若者は少なくありません。泌尿器科医にとっては、包茎手術は最も初歩的な手術の一つであり(それはそれで奥が深いのですが)、研修医をすぎた若い頃などはよく手術をしていました。

「仮性」はカッコ悪い?

 あまり知られていませんが、本当に手術が必要な包茎というのは意外に少ないのです。勃起しても亀頭部が出てこない「真性包茎」と、勃起すると亀頭部の根元が閉まってしまい、そのままにしているとむくんでしまう「カントン包茎」が手術の適応になります。

一方、勃起時に亀頭が露出するにもかかわらず非勃起時に皮かむりの状態である、いわゆる「仮性包茎」は、一般的には手術は必要ありません。しかし、ネットの情報などに踊らされてそれを「カッコ悪い」と思い込んで手術を希望される方もたくさんいるのが現実です。

真っ黒になったり、ひだになったり

 先ほど、包茎手術は最も初歩的な手術の一つ、と説明しましたが、合併症もあります。他のクリニックで手術した後に、おチンチンの皮の下に血の塊を作って真っ黒になってしまった人や、皮を切りすぎたために勃起時に痛みを訴える人、包皮の切除したあとの型がおかしくなってしまい、変なひだのようになってしまった人がいます。

 また、実は、包皮にも性感帯があり、包茎手術が原因で感じづらくなってしまう人や、最終的に射精障害にまで至ってしまった人も診察した経験があります。

 どの手術もそうですが、合併症も理解して、必要性を納得してから、手術を受けて下さい。

お母様はご心配でしょうが

 お子さんのおチンチンが包茎でご心配なお母様もいるかと思われます。子供の頃は、ほとんどは包茎であることが多いですが、二次性徴を過ぎて男性ホルモンが体の中に出てくると陰茎が大きくなり、比較的容易に皮がむけるようになります。また、ステロイドの軟膏も効果的である場合もあります。

 最近は、かつてほど小児期に包茎手術をしなくなってきているように思われます。

 最後に、私が、「仮性包茎」は手術する必要がない、と考えている理由を書きますね。当事者が気にするほど、周りにいる人たちは他人のペニスを気にしていません。と説明しても、なかなか信用してもらえないこともあります。私も、10代のころは一日のうち半分はペニスのことを考えていましたから…。今振り返ると、心配し過ぎだったのですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オトコのコト_小堀善友顔120px20150821

小堀善友 (こぼり よしとも)

泌尿器科医 埼玉県生まれ

2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。14年9月から米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。詳しくはこちら
主な著書は『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。詳細はこちら

オトコのコト 医師・小堀善友ブログの一覧を見る

13件 のコメント

お言葉を返すようですが・・・

たそがれ親父

仮性包茎だから飛び散っているのではないと思います。洋式便器では、露茎でも勢いがあるとその反動で周囲に飛び散ることがあります。我慢の限界で一致に放...

仮性包茎だから飛び散っているのではないと思います。
洋式便器では、露茎でも勢いがあるとその反動で周囲に飛び散ることがあります。
我慢の限界で一致に放尿したときは小便器でも同様です。

ある小さなすし屋さんに行ったときのことです。
そこは和式で男女共用の一箇所だけ。
女性の使用後に入ったら、しゃがみこむ場所の足元が洪水状態でした。
男は立ったままなので事なきを得ました。

要は本人次第ですね。

つづきを読む

違反報告

そうは思わない

クマさん

自然ですとか仰いますが、仮性包茎が自然なのであれば、洋式便器に於いて便座を上げて小便をする際、剥いた状態でするよう啓蒙活動もするべきだと思います...

自然ですとか仰いますが、仮性包茎が自然なのであれば、洋式便器に於いて便座を上げて小便をする際、剥いた状態でするよう啓蒙活動もするべきだと思います。行き先々で飛ばしまくっているその態度、不愉快です。かといって注意するのもはばかられます。私は女性です。

つづきを読む

違反報告

やはり剥けてたほうがいい

59歳男性

29歳で結婚、1年して30歳で仮性包茎を手術。手術前は亀頭のカリの部分にスメグマ(恥垢)が溜まり、こするとコヨリのようにスメグマ取れる。 匂いが...

29歳で結婚、1年して30歳で仮性包茎を手術。手術前は亀頭のカリの部分にスメグマ(恥垢)が溜まり、こするとコヨリのようにスメグマ取れる。
匂いが不快だった。
包茎手術後はスメグマは激減、いつも乾いた状態で快適、衛生的。手術前は性交時に陰茎を膣に挿入してのピストン運動時に、包皮が完全に剥けず亀頭と膣壁の間にあるので、まるでコンドームをしてセックスしているような感覚で性感がイマイチだったが、手術後は亀頭が完全に露出し、カリで膣壁を抉るように擦ることで快感が得られ容易に射精出来るようになった。
10代で剥いておけば亀頭がもっと発達して堂々とした張りのカリに成長したかもしれないと思うと残念な気持ちがする、女房にも『カリの発達がイマイチ』と笑われている。
マスターベーションによる射精は59歳の現在までほぼ毎日している。
30代全盛期の頃は一日2〜3回はしていたし、精液も膣外射精で射精直前に抜いてから出すと女性の頭を越え2メーター近く飛ぶ勢いがあった。体に定期的な運動が良いようにマスターベーションで常日頃から陰茎を使うようにすることも大切だと思う。使わないと衰えることは明らか。大事な器官だから大切に使うべきだ。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事