文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

赤ちゃんも図書館へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 赤ちゃん向けの絵本の読み聞かせ会など、0~2歳児向けの企画を催す図書館が目立ってきた。授乳スペースを作るなど、施設面での整備も進む。子育て中の母親たちが集う場所にもなっているようだ。

絵本読み聞かせや手遊び / 母親の不安解消の場にも

 7月中旬、東京都杉並区立阿佐谷図書館。カーペットを敷いた小さな部屋で、0~2歳児と母親ら20人が輪になっていた。

 読み聞かせボランティアの森田裕子さん(49)が、「ととけっこう よがあけた」(こぐま社)という絵本を開いた。リズムをつけ、歌うように読み始める。森田さんの呼びかけで、母親たちも赤ちゃんを抱っこしながら、一緒に口ずさむ。赤ちゃんは絵本にくぎ付けの様子だ。

 同館は今年から月1回、「あかちゃんタイム」を実施している。約1時間、同館から委託されたボランティアらが、絵本の読み聞かせや手遊びをする。その後も約1時間、母親同士がおしゃべりなどをして好きに過ごすことができる。館長の黒谷晴子さんは、「赤ちゃん向け絵本を借りる人が増えた」という。参加した母親の一人、後藤ひとみさん(29)は、「親子で絵本が好きになり、自宅でも読み聞かせをしています」と話す。

 杉並区では今年、ほとんどの区立図書館でこの活動を始めた。当初心配したのは、泣くこともある赤ちゃんが図書館に集まることに、ほかの来館者から理解が得られるかどうかだった。ポスターなどで「あかちゃんタイム」を周知し、当日も館内放送で活動時間などを知らせ、協力を呼びかけている。

 文部科学省によると、2001年、子どもの読書活動推進法が制定され、図書館でも子ども向けの本を充実させる動きが盛んになった。ここ数年は、読み書きができる前であっても、絵本に親しんでもらおうと、赤ちゃん向けのイベントを開催する図書館が目立っている。

 赤ちゃん連れで来館しやすいような施設作りも進む。東京都北区立中央図書館は、2階が赤ちゃんから小学生までの専用フロア。赤ちゃん向けの絵本のコーナーがあり、木製おもちゃの貸し出しも。授乳室やおむつ替えの場所のほか、ミルク用に50度のお湯が出る設備もある。

 こうした図書館の取り組みは、子育て中の母親支援にもつながっている。

 山梨県笛吹市立一宮図書館では、赤ちゃん向けの読み聞かせ会に加え、妊婦を対象に、絵本や育児本の紹介会も開催している。館長の斉藤幸雄さんは、「図書館が本の貸し借りをする場だけでなく、母親らの不安を解消できる場にもなっていてうれしい」と語る。

 子どもの発達に詳しいお茶の水女子大学教授の榊原洋一さんは「赤ちゃんへの絵本の読み聞かせは、親子の結びつきを深めるのに良い手段。赤ちゃん連れで楽しめる図書館が増えることは、子育て中の母親の孤立を防ぐことにもつながる」と指摘している。(矢子奈穂)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事