文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[呼吸不全の人工肺治療] 新型インフルに備え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 新型インフルエンザの流行時には、重い肺炎などで呼吸不全に陥る患者が急増することが懸念されるなか、血液を体外で循環させる体外式膜型(まくがた)人工肺(ECMO=エクモ)の活用が期待されている。治療成績の向上を目指した専門医の育成などの取り組みが始まっている。  画像の拡大 体外で血液循環 / 専門医育成など課題  呼吸不全は、肺で酸素と二酸化炭素を交換する機能が著しく低下し、血中の酸素濃度が低下し…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事