文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

17件 のコメント

今際の際に

めざめたじいさん

>俺より早く逝ってはいけない
と、さだは歌うが、出来るのだったら歌詞の通りんなれたら。

でも、取り乱すだろうな。「何もいらない俺の手を握り涙のしずくふたつ以上こぼせ」など、冷静でいられるはずはないだろう。

だから、若いときから「お前のお陰でいい人生だったと」言い続けていたのです。

最近、家内の寝顔をとても辛くて見ることが出来ません。姉弟はみな75歳を超えました。どんな気持ちで暮らしているのだろう。

このブログの題に相応しい内容ではないが、
>>私には、明日天国に旅立つ、連れ合いが居ます。
って書かれると、胸が痛みます。

違反報告

今、戦時中のあなたに

埼玉のシニア

女医さんの言われた、もったいない は、理解のある言葉で、粘膜恋しさがマスにたどりつき、未だ少しばかりの切ないほどの快楽が、出れば(ここが大切)、人生是極楽としなくては。人生極楽が未だ解りませんか。

マスさえ出来ない御仁がわんさといるし、わたしの人生ランクずけから言えば、未だ完璧に男が出来る人は横綱ランク、マスの出来る方は関脇ランク。勃起が男の勲章とすれば、、その人は将来へ希望を捨てず、日々是前進有るのみ。

くよくよせず、女性と手を握りたければダンスクラブに入り、それでなければ公民館のクラブで汗と愛きょうを振りまき、チャンス到来と見れば猪突猛進を心がけ、それまでは心平和に過ごすのが新老人の力かも。

今女性群も男性を求めており、チャンスは転がっております。
そういう私77歳の、ありふれた禿げの老人でございます。
そうそう、夫婦がお互いに未だ茶飲み友達なら、人生これ以上の高望はやめたほうがよい。たまには手をつなぐ幸せが、これこそ人生是極楽なのですから。
私には、明日天国に旅立つ、連れ合いが居ます。

勝って来るぞと勇ましく、、、、
上を向いて歩こう、、、、、
見上げてごらん 夜の星を、、、、

違反報告

まだ モッタイナイものか?

シーチャン

たそがれ親父さん

お幾つか分かりませんが、粘膜が恋しいのは80になっても同じです。30年近いレス状態の空しさ、寂しさ、恋しさ。
前立腺検査の生検の時、もう要らないモノですから切り捨てていただいても、と申したところ「まだモッタイナイですよ」と若い女医さん。

幼な馴染みのクラスメート、50年ぶりに会ったら全滅で、みなの関心事は処理方法のみ。愛用粘膜保持者は羨望の的でした。しかし、50代のお相手に組み敷かれているとは、少し溜飲を下げました。

男でないと分からないはなし。

違反報告

予備軍

たそがれ親父

昨年、脊髄炎を患ってから反応が悪くなりました。
元気だった時も相方が癌の手術後は応じてくれず、ここ8年間は完全に尿器状態。
男でなくなったような気がします。この年になると夢精もありません。
何年かぶりに自分で慰めたら、時間はかかりましたがしっかり射精もありました。
しかし、むなしさだけが残り「粘膜で受けとめて欲しい」と思いましたね。

私は勃起するのでまだ恵まれているかもしれません。
「あの頃の猛々しく組み敷いた行為を再び」と願っています。

違反報告

男性としての大きな楽しみ

めざめたじいさん

ー酒もタバコもやらない私の老後の楽しみを、何に求めるべきか、悔しいね。

こういう思いをしている方の多いこと。性の悩みは幼なじみの同姓にしか聞けないことです。77歳の2年前久し振りに顔を合わせて話し始めた話題が「お前、あっちの方は、どうよ」でした。5人が全滅でした。

自分の病気が2人、奥さんの病気が2人、EDが1人、奥さんが病気の後人は内緒で別のご婦人に慰めてもらっているそうです。最後の1人は薬で奮い立たせているとか。

私は2番目の中に入りますが、ご婦人から声が掛かっても病気の家内に申し訳なくて、一人で慰めています。結婚生活半世紀の6割を今の状態で保つには、先が読めないので続いたのだと思います。正直迷ったことはたびたびですが・・・。

賭け事も一切しない私は、歌に活路を見つけました。せめて綺麗なソプラノ・アルトの女性の声と解け合う響きが私をとろけさせます。性慾の昇華にはなりませんが、リッシンベンを忘れさせてくれます。・・人の望みの歓びよ。

違反報告

EDでなくても出来ない辛さ

シーチャン

 失坊さん、57歳でダメになった時は、ご自分もお相手も辛かったでしょうね。お察しします。

 私はEDではないのですが、50歳になる前に淋しい人生になりました。相手がガンになり、30年以上、男の楽しみをなくしました。

 相手は、女性の友だちを作ってもいいと言います。条件は私にさとられないことです。私も酒もタバコもやりませんし、浮気をするとすぐにばれそうな性格です。隠し事が下手なのです。息子の嫁と偶然会って映画を見たことがあります。その時半券を見つけられ、誰と行ったの。答える間もなく問い詰められました。やましいことではないのに疑われたのです。

 相手も、病気で性行為が出来なくても「性欲」はあるのです。

 老後の楽しみは男女関係でなく、趣味に求めていますが、毎週1回はオナニーで誤魔化しています。
 ごまかしの人生も悔しいです。

違反報告

57歳でED

失坊

57歳のときに腎臓ガンになり、左腎臓を摘出手術しました。その後、すっかり駄目になり、なんとも淋しい老後です。最近の60代、70代で結婚する芸能人を見ると、私は人生の男性としての大きな楽しみを失い損をした人生だと思います。
手術前は、むしろ並み以上の元気さで1日おきでは物足りないような感じでした。
酒もタバコもやらない私の老後の楽しみを、何に求めるべきか、悔しいね。

違反報告

記事へ戻る