文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療

yomiDr.記事アーカイブ

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
スウェーデンのカロリンスカ大学病院で、タクマン先生と一緒に(左から筆者、通訳の原さん、タクマン先生、家内)

 ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人はいないと、どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、学会の招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。一方、我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。

 不思議でした。日本の医療水準は決して低くありません。むしろ優れているといっても良いくらいです。

 「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」

 答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

欧米が良いのか、日本か

 さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

 家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、口から食べられなくなったとき、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」を書面にして、かつ、子供達にも、その旨しっかり伝えています。(宮本顕二)

【「欧米に寝たきり老人はいない」が本になりました】

 このブログに大幅加筆して、『欧米に寝たきり老人はいない―自分で決める人生最後の医療』(中央公論新社、税抜き1400円)が2015年6月10日に出版されました。著者の内科医、宮本顕二・礼子夫妻のインタビュー記事「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」はこちら

欧米に寝たきり老人はいない [ 宮本顕二 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201206終末期ブログ_サブナビ

宮本顕二、宮本礼子

宮本顕二(みやもと けんじ)
1976年、北海道大学医学部医学科卒業
北海道大学大学院保健科学研究院機能回復学分野教授

宮本礼子(みやもと れいこ)
1979年旭川医科大学卒業
桜台江仁会病院(札幌市)認知症総合支援センター長

ブログは2人が交代しながら書いていきます。

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療の一覧を見る

162件 のコメント

コメントを書く

延命治療拒否の書面化

nacho

「延命治療拒否宣言書」というのをつくりました。基本的な意思表示だけでなく、個別の対応事項もかいておきました。AHNについての記述を抜粋すると「A...

「延命治療拒否宣言書」というのをつくりました。
基本的な意思表示だけでなく、個別の対応事項もかいておきました。
AHNについての記述を抜粋すると
「AHN   :  摂食嚥下困難となった場合は、AHNを実施しないで下さい。経口摂取できる状態までを人としての尊厳の限界と考えます。以上がどうしても受け入れられない場合は医療機関を変えるか、ホスピスか、在宅か、最小限の末梢点滴かを選択して下さい。
回復の可能性があり、回復後は抜去する前提で一時的処置の場合のみ実施して下さい。
外傷や脳血管疾患などにより急激な重度の障害を負った場合は意識障害のまま生存を長引かせるものですから、実施しないで下さい。」

こんな感じです。
いざとなったら、気が変わる可能性もありますけど、こうありたいです。
がんの末期とか予後の予測ができるものは、可能でしょうが、脳疾患のように予測できない場合の線引きはむずかしいでしょうね。
事前に書面化するむづかしさを感じます

つづきを読む

違反報告

本人の意思とは

すずらん

かねてより延命治療はしないと公言していた81歳になる父は、6年ほど前(元気な頃)に「いかなる病気でも延命治療しません」と、書面に書き残していた。...

かねてより延命治療はしないと公言していた81歳になる父は、6年ほど前(元気な頃)に「いかなる病気でも延命治療しません」と、書面に書き残していた。しかし昨年の12月から肺炎の為に入院した病院で今年になって嚥下性肺炎を再発し、医師から今後点滴が出来なくなったら中心静脈栄養をするかどうかと聞かれた。迷った末、本人に「もし口から食べれなくなってチューブで栄養をとらなきゃならなくなったらどう思う?」と聞いた所、「食べなきゃ死んじまうんだから(カテーテルも)しょうがないだろ。(治療の)つらさと(生きる為には必要だという)我慢のバランスだ。」と言った。その時の父はほぼベッド上での生活となり、見守られつつペースト食を自力で食べ、少しせん妄の症状も出ていた。そのコメントから一ヶ月半過ぎた今、転院した療養リハビリ病院で嚥下機能は更に低下し、ミキサー食でもむせが出て、食事中に吸引されることもままあって、完食できないときも出てきた。ひどく痩せてきておりもはや骨に皮がついているような状態である。意識もぼんやりとしているようだが、家族が付き添ってしばらく話しているとハッキリとしてきて表情も出てくる。今の医師から「経口摂取では誤嚥の可能性が高い。胃ろうをしても回復は望めないだろうが、どうしますか」と聞かれたが、むせながらも頑張って食べている父の姿を見ると、ミキサー食であっても口から食べれているうちは口から食べさせて下さいと答えた。この判断でよいのだろうか、それとも今一度本人の気持ちを聞いた方がよいのだろうか迷いは残っている。
元気なときの意思と、実際自分がその状況に置かれた時、目の前で2つに分かれた道のどちらを選ぶかの答えは一致するとは限らない。人間は本能として生きようとするからだ。

つづきを読む

違反報告

行き方を選べる日本

ラビ

欧米はお金がないと希望する医療が受けらない。日本の高齢者医療福祉制度では自分がどのようにエンドステージを過ごすが選べる現状がある。(自己負担最小...

欧米はお金がないと希望する医療が受けらない。
日本の高齢者医療福祉制度では自分がどのようにエンドステージを過ごすが選べる現状がある。(自己負担最小限で)
この点は非常に恵まれている。
日本のメリットを最大限に生かすためには、延命したいか、したくないか、本人が判断できるうちにすることが必要だと思う。
しかしながら自分がどう生きたいかを考えずに(考えてると行ってもちゃんと書面に残してない怠慢)日々過ごしている人多すぎる。呆けて縛られてただ生かされている多くはそういう人。
自分の人生を他人に依存している結果だと思う。
先進国の他国では自立して自分らしく生きることがステータス。
日本の高齢者は(年金世代になったら)終末期についてもっと学習し、考えてほしい。

だって自分の人生ですよ。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事