文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療

yomiDr.記事アーカイブ

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
スウェーデンのカロリンスカ大学病院で、タクマン先生と一緒に(左から筆者、通訳の原さん、タクマン先生、家内)

 ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人はいないと、どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、学会の招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。一方、我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。

 不思議でした。日本の医療水準は決して低くありません。むしろ優れているといっても良いくらいです。

 「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」

 答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

欧米が良いのか、日本か

 さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

 家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、口から食べられなくなったとき、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」を書面にして、かつ、子供達にも、その旨しっかり伝えています。(宮本顕二)

【「欧米に寝たきり老人はいない」が本になりました】

 このブログに大幅加筆して、『欧米に寝たきり老人はいない―自分で決める人生最後の医療』(中央公論新社、税抜き1400円)が2015年6月10日に出版されました。著者の内科医、宮本顕二・礼子夫妻のインタビュー記事「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」はこちら

欧米に寝たきり老人はいない [ 宮本顕二 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201206終末期ブログ_サブナビ

宮本顕二、宮本礼子

宮本顕二(みやもと けんじ)
1976年、北海道大学医学部医学科卒業
北海道大学大学院保健科学研究院機能回復学分野教授

宮本礼子(みやもと れいこ)
1979年旭川医科大学卒業
桜台江仁会病院(札幌市)認知症総合支援センター長

ブログは2人が交代しながら書いていきます。

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療の一覧を見る

185件 のコメント

コメントを書く

生と死は同じ

断捨離

死があるから生が存在する。生と死は表裏一体です。生きている時間の長さは問題ではないと思います。死をタブー視しすぎているのではないでしょうか。

死があるから生が存在する。生と死は表裏一体です。生きている時間の長さは問題ではないと思います。死をタブー視しすぎているのではないでしょうか。

違反報告

「生」への概念の相違

ウシ

寝たきりのお年寄りを人工的に生かすことにより、オカネの問題から医療現場へのしわ寄せなど、沢山の問題を疑問視する方も多いでしょう。 しかし、[欧米...

寝たきりのお年寄りを人工的に生かすことにより、オカネの問題から医療現場へのしわ寄せなど、沢山の問題を疑問視する方も多いでしょう。
しかし、[欧米」と「日本」を比較することに意味はないように思います。
そして、死が直前まで迫った時、一体どうしたいのか、信仰する宗教が無い方、つまり導きが無い大半の日本人に想像させるのは、すがるところがない、という意味で非常に難しい。
既にコメントされている方もいらっしゃいますが、「生」に何を求めるのか、でしょう。
結局、国費の問題や保険、医療などいうのは現代社会が創り出したものであり、そのような表面上の課題では説明することができない非常に深い問題です。
「いただきます」と生命への感謝を述べて食事をする日本。欧米化が進むとはいえ、親兄弟先祖への感謝、自己主張より調和、勤勉さ、全てにおいてこれは日本人としての文化であり国民性です。
欧米と日本、今回の比較は「生きる」という概念の相違が根本。
医療制度云々の問題で議論する事はできません。
国民性や考え方を変えられたときに初めて変化が生じる議題です。
残業も、領域は違えど問題解決に至らない根本はそこです。
しかし、それにしても興味深い記事。
皆様のコメントも拝見。
視野が広がります。

つづきを読む

違反報告

死なせてあげられない現実

葉月

義父は延命を望んでいなかった。それは義母も他の兄弟も同じであった。 しかし、体も大きく、自力では全く動けなくなった義父を自宅で介護することは、段...

義父は延命を望んでいなかった。それは義母も他の兄弟も同じであった。
しかし、体も大きく、自力では全く動けなくなった義父を自宅で介護することは、段々と動けなくなっていく義父を長年介護してきて疲れ果てた義母には不可能な話であった。
病院にいてもらうには胃ろうをし、「治療」をしなければならない。
それを望まないのであれば病院にはいさせてもらえない。
同じ病室には同じような患者がいた。看護師さんも心なしかイラついているようにも見える。
ベットにしばりつけられ、口も閉じられず、話すことも、首を動かすこともできない。点滴等であざだらけの手足。骨に皮が張り付いただけの体。寝たきりで褥瘡ができ、動けないのに骨折。それを訴えることもできない。本当にみんながつらかったと思う。
ここまでして生きることにいったい何の意味があるのか。
「虐待」その言葉が本当にお似合いだ。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事