文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療

yomiDr.記事アーカイブ

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
スウェーデンのカロリンスカ大学病院で、タクマン先生と一緒に(左から筆者、通訳の原さん、タクマン先生、家内)

 ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人はいないと、どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、学会の招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。一方、我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。

 不思議でした。日本の医療水準は決して低くありません。むしろ優れているといっても良いくらいです。

 「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」

 答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

欧米が良いのか、日本か

 さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

 家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、口から食べられなくなったとき、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」を書面にして、かつ、子供達にも、その旨しっかり伝えています。(宮本顕二)

【「欧米に寝たきり老人はいない」が本になりました】

 このブログに大幅加筆して、『欧米に寝たきり老人はいない―自分で決める人生最後の医療』(中央公論新社、税抜き1400円)が2015年6月10日に出版されました。著者の内科医、宮本顕二・礼子夫妻のインタビュー記事「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」はこちら

欧米に寝たきり老人はいない [ 宮本顕二 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201206終末期ブログ_サブナビ

宮本顕二、宮本礼子

宮本顕二(みやもと けんじ)
1976年、北海道大学医学部医学科卒業
北海道大学大学院保健科学研究院機能回復学分野教授

宮本礼子(みやもと れいこ)
1979年旭川医科大学卒業
桜台江仁会病院(札幌市)認知症総合支援センター長

ブログは2人が交代しながら書いていきます。

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療の一覧を見る

166件 のコメント

コメントを書く

看護方法の違いもある

tarou

医療では、ご指摘のような点があると思いますが、それ以外に、看護の違いがあるのではないでしょうか。  日本では、寝たきり状態の患者さんの体の位置を...

医療では、ご指摘のような点があると思いますが、それ以外に、看護の違いがあるのではないでしょうか。

 日本では、寝たきり状態の患者さんの体の位置をこまめに動かして床ずれを防ぐ「体位交換」が看護の象徴とされてきました。
「床ずれ」はものすごく痛いもので、床ずれができないようにと頑張るのは尊い事です。体位交換のたびに肌が触れ合うことで、心の安らぎも得られるかもしれません。
 
 それに対して、デンマークの看護婦さんは、体位交換にエネルギーを使いません。そのかわりに、ベッドから離れて車いすで動き回りたい、と本人が思うような楽しいことを、一人一人に見つけ出そうとします。人との交流のチャンスをつくっています。

デンマークの状況を知り、どんなに苦労して体位交換をし、床ずれを防いでも、ご本人が、「天井を見るだけの世界」に閉じ込められていたら幸せでしょうか? 
そんな疑問から、寝たきり状態の患者さんをベッドから起こす試みをされたお医者様もおられるようです。




参考

「デンマークに学ぶ豊かな老後」 朝日新聞社

「寝たきり老人のいる国いない国」 ぶどう社
 
サイト「介護疲れにならないためのブログ」

つづきを読む

違反報告

高齢者の延命措置は必要ないかも?

介護おじさん

欧米で延命処置をしないのは、キリスト教に根ざした死後の世界があることを前提としているからだと思います。死後の世界で新たな人生が始まるので、生きて...

欧米で延命処置をしないのは、キリスト教に根ざした死後の世界があることを前提としているからだと思います。死後の世界で新たな人生が始まるので、生きているときが全てではないと捉えているのでしょう。日本における終末期の延命処置は、死後の世界を認めない唯物質主義の現れかもしれません。自然界を見れば欧米のキリスト教的価値観が分かるような気がします。例えば、トンボ。幼虫(ヤゴ)からさなぎになって、最後は大空に羽ばたいて行きます(水の世界→陸上の世界→→空中の世界)。人も同じで、胎児(水中の世界)→出生から死まで(陸上の世界、肉身生活)→死後(霊界)と、次のステージのあの世や霊界があると思っているから、無意味な延命措置は必要ないと判断するのではないかと思います。

つづきを読む

違反報告

人間の尊厳について

62歳の現役介護士

人は一人で生まれ一人で死んでいきます、ターミナルケアを迎えた家族がいれば 本人の希望より、家族の気持ちが優先されるのではないですか?外国の様に ...

人は一人で生まれ一人で死んでいきます、ターミナルケアを迎えた家族がいれば
本人の希望より、家族の気持ちが優先されるのではないですか?外国の様に
本人の元気な内に終末期をどうするのか?臓器提供希望書の様に本人の気持ちを
書類にしておく事が重要な気がします、日本の場合法律の整備も必要になるのではないですか?外国の様になるには、私が生きている間は無理だと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事