文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症 明日へ

yomiDr.記事アーカイブ

[どんな症状?]早めの受診で進行遅らす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

うつ病と混同 / 治るタイプも

 「認知症かな?」と思ったら、どの診療科にかかればいいのか。どのような手順で診断を受けるのか――。認知症医療の“入り口”について、専門医で、群馬大教授の山口晴保(はるやす)医師=写真=に聞いた。(小山孝)

 ――認知症を疑ったら何科に行けばいいのですか。

 一般的には神経内科や精神科、内科などが対応します。「もの忘れ外来」などの専門窓口を設けているところもあります。また、国の認知症研修を受けたかかりつけ医も3万人います。ただ、薬は処方できても生活や家族への対応まで配慮できるかというと、ばらつきがあります。医療機関の情報は、各地の総合相談窓口である地域包括支援センターや都道府県の認知症電話相談、家族会の支部などで得られます。

 ――診断はどのように行われるのですか。

 認知症は脳の病変で記憶障害などが生じ、生活に支障が出た状態のことで、原因になる病気は数十種類あります。まず、「認知症なのか」「治療可能な認知症か」の見極めが重要です。血液検査や記憶力などを調べる神経心理検査などを行いますが、重要なのは、どんな症状がいつから出たかなどを家族に聞くことです。

 ――そこから何が分かるのですか。

 最も多い「アルツハイマー型」なら数年かけて進行します。一方、半年で急に記憶障害や歩行障害が出たら「正常圧水頭症」を疑います。早期の治療で認知症が改善することもあります。

 ――治る認知症はほかにもあるのですか。

 慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、ビタミンB12の欠乏などでも認知症の症状が出ますが、早めの治療で改善する可能性があります。

 ――認知症でない場合もありますか。

 年齢相応の物忘れもあります。生活する上で障害がなければ認知症ではありません。間違えやすいのは、うつ病です。認知症でも気分が落ち込むことがあり、区別は難しく、抗うつ剤を使って経過を見ることもあります。昼夜で症状が変われば、軽度の意識障害であるせん妄の可能性があります。興奮などを伴うせん妄の原因は、睡眠薬の服用、脱水、不眠などです。認知症の人が起こすことも多いのですが、せん妄自体は治ります。

 ――認知症のタイプはどう区別するのですか。

 診察室での本人の歩き方や表情、受け答えなどからある程度、区別が付きます。「最近、どんなニュースがありましたか」との質問に、「ざっと見ているだけだから」と答えたら、記憶障害が主体で取り繕いが特徴の「アルツハイマー型」を疑います。「脳血管性」は意欲の低下が目立ち、言葉が出にくいなどの特徴があります。症状が大きく変動し、歩幅が小刻みで、存在しないものが見える幻視があれば「レビー小体型」、診察に非協力的で1分と座っていられなければ「前頭側頭型」の可能性があります。

 ――画像診断は。

 一般にコンピューター断層撮影法(CT)の検査や磁気共鳴画像装置(MRI)を使います。脳内の出血や脳の萎縮などが分かりますが、脳の機能が低下した場所まではわかりません。補助的な判断材料に使います。

 ――認知症のタイプを見極める意味は何ですか。

 薬が変わるなど、治療方法が異なるためです。ただ、複数のタイプが重なることもあります。診断にこだわり過ぎず、困っている症状をよく見て、治療をすることが重要です。

 ――早めに診察を受けた方がいいのですか。

 アルツハイマー型などは根治できませんが、薬で進行を遅らせることができます。早期に診断を受ければ、今後の生活を考える時間ができ、介護者の適切な対応で暴力など在宅介護を困難にする症状が抑えられます。生活に支障が出始めたら早めの受診を勧めます。

認知症専門医の情報
・日本認知症学会 http://dementia.umin.jp/
・日本老年精神医学会 http://www.rounen.org/
認知症の基本知識、相談先など
・認知症の人と家族の会 http://www.alzheimer.or.jp/
・認知症介護情報ネットワーク http://www.dcnet.gr.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

認知症 明日への一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事