文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「栄養と料理」 インターネット講座

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

豚バラとにら、キャベツのさっと煮 (初夏の葉酸レッスン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
   料理/藤井 恵 撮影/松島 均

   月刊「栄養と料理」(女子栄養大学出版部) 2012年6月号より転載
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

葉酸がしっかりとれる野菜を積極的にとろう!


 「葉酸」という名前の栄養素をご存知ですか? 葉酸はビタミンB群の一種で、細胞の新生や赤血球を作るうえで重要な栄養素。健康な赤ちゃんを産むために必要な栄養素として知られていますが、最近では、血液や血管の健康にもかかわることから、数多くの病気予防にも有効とされています。

 葉酸はサプリメントでとることもできますが、まずは毎日の食事で充分にとることが先決。まずは1品でも、“葉酸たっぷり”を意識した食事にかえてみましょう。今回ご紹介するのは、葉酸豊富な2種の野菜で作る、ふだんのおかず。1品で葉酸が134マイクログラムとれます。



作り方

(1) 豚肉は4~5cm長さに切る。

(2) キャベツはざくざくと切り、にらは4~5cm長さに切る。

(3) なべにаを入れて煮立て、(1)を加えてほぐし、再び煮立ったらアクを除いて(2)を加えて2分ほど煮る。




■女子栄養大学出版部からひと言

『栄養と料理』(毎月9日発売)は、おかげさまで創刊77年になります。今号の特集は、「『葉酸』足りてますか?」。「葉酸」は、血液・血管の健康、認知症、うつに関連するビタミンとして、近年、注目されています。女子栄養大学では、日々の健康づくりや循環器疾患などのさまざまな病気予防の観点から、1日400マイクログラムの摂取をすすめています。6月号では、今最も気になる栄養素「葉酸」の基礎知識や食事でたっぷりとる方法などをご紹介しています。インターネット上で立ち読みもできますので、当出版部のホームページhttp://www.eiyo21.com をご覧ください。(編集担当/鄭)


 











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ヨミドク健康レシピ_女子栄養大学20120727book

女子栄養大学出版部
■女子栄養大学出版部からひと言  おいしい料理を作るのに必要なのは、特別な技術やレシピではなく、きちんと作ることです。『女子栄養大学のお料理入門』は、女子栄養大学の学生に教える入門料理をまとめたもの。授業で指導されている切り方・火加減・加熱時間などを、できる限りていねいに収載しました。“料理初心者のお手本にぴったり”、“自己流だったから仕上がりがイマイチだったことに気づきました”など、初心者からベテランの方まで大変好評をいただいています。当出版部ホームページ http://www.eiyo21.comでもご紹介しておりますので、ご覧ください。(編集担当/奥山)

「栄養と料理」 インターネット講座の一覧を見る

最新記事