文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

若者同士 人工肛門の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  「ストーマをつけた若い世代の力になれれば」と話す日野さん  人工肛門・人工膀胱(ぼうこう)(ストーマ)を持つ人たちで作る「日本オストミー協会」。東京都の日野創(はじめ)さん(37)たちは、そのなかで20歳代から40歳代の若手による「20/40(にいまるよんまる)フォーカスグループ」を2009年に発足させた。  協会員の多くは、大腸がんなどの治療後にストーマを作った人。がん患者の高齢化で平均年齢…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事