文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

麻疹・風疹… 海外での感染が急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 海外で麻疹や風疹に感染し、帰国後に発症するケースが目立っている。国内に持ち込まれた海外型のウイルスによる流行の懸念もある。国は、通常の定期接種に加え、ウイルスへの抵抗力(免疫)が不十分とされる中学・高校生への追加接種を呼びかけている。(野村昌玄)  画像の拡大  麻疹は、せきやくしゃみなどで飛散するつば(飛まつ)や、空気中に漂うウイルスを吸い込んだり、ウイルスが付着した手で鼻や喉に触れたりするこ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事