文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

2件 のコメント

がん研究学者の発表論文に関わる信頼性

おしよ のくお

多くのガン研究者や医学者が論文にて研究成果なるものを発表しているが、第3者のCheck(レフリー)を
受けたものなのか非常に怪しい。チェックが無いままに独善的に出された見解を知識のない患者は信じて悲劇を生む。この10年ガン治療の進歩は検査技術の分野でけであり、治療法の進歩は殆どない。独善的かつ裏付けのない拙速的な発表が乱舞しており、一層患者を混乱に陥れている。この現状を研究者や医者は反省して発表情報の信頼性を評価するシステムをつくり患者に明示すべきである。

違反報告

代替療法

かすみ

最近、代替医療についていろいろと本を読んだり調べたりしている者です。

現代医療は、緊急においての治療などは目を見張るものがありますが、そうではない病気、癌、難病等への対処は、代替療法で完治されてる多くの方の情報を見るにつけ、この両極端な治療法においてはまさに別世界のようです。

代替療法について「葬られた第二のマクガバン報告 THE CHINA STUDY 」のような徹底した調査をし公開されることを望んでやみません。

違反報告

記事へ戻る