文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

心房細動アブレーション… 不整脈発生源 熱で焼く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 カテーテルで高周波電流/早期の患者9割が完治  心臓の上半分(心房)が小刻みに震える心房細動。不整脈発作の発生源を熱で焼いて震えを抑える心筋焼灼術(カテーテル・アブレーション)が普及し、早期の患者は9割が完治するようになった。  心房は、静脈から心臓に戻ってきた血液を一時的にためる役割がある。血液を送り出す心室と同じく、通常は1分間に60~80回拍動している。  ところが心房細動では…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事