文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんの診察室

からだコラム

[がんの診察室]薬は目的持って使って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「わらにもすがる思いでここに来ました」

 私の診察室にセカンドオピニオン(担当医以外の意見)を聞きに来られる進行がんの患者さんやご家族が、よくこんな言葉を口にします。担当医に「もう治療法はない」と言われ、それでも何らかの治療を探し求める人は多く、「がん難民」とも呼ばれます。

 抗がん剤はたくさんありますので、それを提示するのは簡単です。「使える薬があるうちは希望がある」と、使い続ける医師もいます。でも、抗がん剤は「使えるから使う」のではなく、「目的があるから使う」ものです。目的を見失い、効果がないのに苦痛に耐えながら使い続けるのではなく、使わない方がよい場合があることを知っておくべきです。

 「溺れる者はわらをもつかむ」と言います。溺れていると思い込んでいる人に「わら」を手渡すのは簡単ですが、それでは本当に溺れさせてしまいます。患者さんは、人生という大海原で荒波にもまれていますが、溺れているわけではありません。それを知ってもらい、自分でゆったり泳げるようサポートするのが本当の医療です。

 抗がん剤を使わない方が良いと言うと、「何もせずただ死を待つのですか」と言われることもあります。抗がん剤が医療のすべてと思われがちですが、医療は、もっと広い意味で患者さんを支えるものです。緩和ケアなど、できることはたくさんあります。

 目の前のわらにすがりつこうとするのではなく、大海原を広く見渡して、いかに泳いでいくかを考えてほしいと思います。(虎の門病院臨床腫瘍科部長、高野利実)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

karada_400b

 
 

からだコラムの一覧を見る

がんの診察室

最新記事